体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【動画】トム・クルーズ、映画『American Made(原題)』のトレーラーで地面に激突

トム・クルーズが、コカイン満載の小型機を操縦し、郊外の住宅地に激突させる。ドラッグの密輸を描いた、米ユニバーサルの映画『American Made(原題)』のワンシーンだ。

コカインまみれで航空機から這い出た彼は、とぼけた表情で「君たちは僕を見なかったんだよ」と言いながら、子供たちに現金を渡す。

クルーズは、1980年代の操縦士でありドラッグの密輸業者でもあったバリー・シールを演じている。彼はナレーションで「僕はCIA、DEA(麻薬取締局)、そしてパブロ・エスコバルのために、ドラッグを密輸していた」と語る。

2年前の2015年の9月、本作のクルーを乗せた航空機がコロンビアの撮影現場に激突し、2名が死亡し、1名が重傷となり、大見出しの記事になった。地元当局によると、航空機は双発のエアロスターで、悪天候が原因だった。

事故当時、クルーズはすでに撮影に入っていたが、事故を起こした航空機には乗っていなかった。ユニバーサルは昨年8月に、本作のタイトルを『Mena(原題)』から『American Made(原題)』に変更し、公開日も2017年の1月6日から2017年の9月29日へと遅らせた。

本作は、映画『オール・ユー・ニード・イズ・キル』に続くクルーズとダグ・ライマン監督の最新のコラボレーションとなる。このクライム・スリラーには、ドーナル・グリーソン、ローラ・カーク、ジェシー・プレモンス、ジェイマ・メイズ、サラ・ライト・オルセン、ケイレブ・ランドリー・ジョーンズらも出演する。

『American Made(原題)』のトレーラーは下記から。

Variety Japanの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。