体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

木村カエラ、NHK Eテレ『わしも』テーマ曲を配信&最新映像作品の詳細と初回仕様ポーチを公開

木村カエラが担当するNHK Eテレで放送中のアニメ『わしも』のオープニングテーマ「わしものうた」とエンディングテーマ「明日もme too」が、6月7日よりiTunes Storeやレコチョクなどの各配信サイトにて販売開始となった。
木村カエラ (okmusic UP's)
配信ジャケットはアニメに登場するおばあちゃん型ロボット『わしも』をはじめ、メインキャラクターで構成された可愛らしい作品になっている。

また6月28日にリリースされる映像作品『KAELA presents PUNKY TOUR 2016-2017 “DIAMOND TOUR” & MTV Unplugged : KAELA KIMURA』のジャケットも公開となった。通常盤は『DIAMOND TOUR』のステージセットであったリボンで作られた骸骨を再現したジャケットになっており、リボンアーティストのリボネシア(イラストレーター前田’BAKU’麦のアート・プロジェクト)が、何とステージセットにあったリボンの骸骨をミニチュアで再現して、実際に撮影したものだ。

ジャケットの手書き文字を描いたのはPIZZA OF DEATHのオフィシャルTシャツ等を手掛けるデザイナー兼パンクバンド「BBQ CHICKENS」のボーカルのHONGOLIANで、異色のコラボレーションが最高にポップなジャケットを生み出した。尚、背景カラーはカエラ自身のツアー衣装をイメージしたグリーンとなっている。

一方、初回限定盤はオリジナルポーチに入った仕様となっており、こちらのポーチもツアー衣装をイメージしたグリーンで、表にはリボンの骸骨がデザインされている。もちろん、商品購入後は通常のポーチとしての使用を想定して作られているので、女性ファンにとって必須アイテムとなる事は間違いないだろう。

作品には映像収録日であった3月3日の東京国際フォーラム公演で演奏された全ての楽曲が収められ、『MTVアンプラグド』には5月10日に発売になったシングル「HOLIDAYS」のカップリング収録のNo Doubtのカバー「Just A Girl」を除く全13曲の楽曲が収録されている。1月15日にビルボードライブ東京で実施されたこのライブは当選者限定のプレミアムチケットとなったため、足を運ぶ事が出来なかった方はこの機会に是非楽しんでほしい。

【木村カエラよりコメント(全文)】
元々宮藤官九郎さん、安齋肇さんの作り出す作品が大好きだった私は、失礼ながらお二人の作品と知らずに「わしも」の大ファンでした。そんな折にオープニングソングとエンディングソングのお話を頂いて大変うれしく、運命を感じました。

レコーディングでは、最新型おばあちゃんロボットにふさわしい歌を歌わなければと思い、最新型アーティストとして、とにかくキレのいい歌声になるよう心がけました。

最新型木村カエラの新しい「わしも」の歌が皆さんに伝わればうれしいです。

配信楽曲「わしも」
2017年6月7日より配信開始

・レコチョク

http://recochoku.jp/artist/2000001440/album/

・iTunes Store

https://itunes.apple.com/jp/artist/id102408147?app=itunes&ls=1

・mora

http://mora.jp/artist/361233/all

『KAELA presents PUNKY TOUR 2016-2017 “DIAMOND TOUR”』
https://youtu.be/D7ht_iev718

『MTV Unplugged : KAELA KIMURA』
https://youtu.be/ux-ip2Gw6ng

Blu-ray&DVD『KAELA presents PUNKY TOUR 2016-2017 “DIAMOND TOUR” & MTV Unplugged : KAELA KIMURA』
2017年6月28日発売

【初回限定盤】(オリジナルポーチ入り)

■Blu-ray

VIZL-1180/¥7,000+税

■DVD

VIZL-1181/¥6,000+税

【通常盤】

■Blu-ray

VIXL-194/¥6,000+税

1 2 3次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。