ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【米ビルボード・ソング・チャート】「デスパシート」4週連続首位、ポスト・マローン初TOP10入り

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
【米ビルボード・ソング・チャート】「デスパシート」4週連続首位、ポスト・マローン初TOP10入り

 ルイス・フォンシ&ダディ・ヤンキーの「デスパシートfeat.ジャスティン・ビーバー」が4週目の首位獲得を果たした、今週の米ビルボード・ソング・チャート。

 先週よりもさらにポイントアップした「デスパシート」は、レゲトン調の夏らしいサウンドもヒットの要因で、これから迎える夏本番に、ラジオ・エアプレイやストリーミングなどのポイント上昇が予想される。リミックス版のゲスト、ジャスティン・ビーバーが参加したDJキャレドの新曲「アイム・ザ・ワン」(今週3位)も、レゲエ調の夏らしいナンバーで、こちらも季節的にロングヒットが期待できそうだ。2位にランクインしている、ブルーノ・マーズの「ザッツ・ワット・アイ・ライク」も依然として強い。

 TOP10内は、1位から9位まで変動なく、先週10位のカイゴ&セレーナ・ゴメスの「イット・エイント・ミー」が13位にダウンした代わりに、ポスト・マローンの新曲「コングラチュレーションfeat.クエヴォ」が新たにTOP10入りを果たした。

 ポスト・マローンは、昨年、デビュー曲「ホワイト・アイバーソン」がソング・チャート最高位14位、R&Bチャート5位を記録しブレイクを果たした、ニューヨーク出身のラッパー。この曲は、昨年12月にリリースしたデビュー・アルバム『ストーニー』からの5曲目のシングルで、ポスト・マローンにとっては、ソング・チャート初のTOP10入りとなる。ゲストで参加しているミーゴスのクエヴォにとっては、3曲目の快挙。

 先週の22位から17位へ浮上したのは、チャイルディッシュ・ガンビーノの「レッドボーン」。2016年12月24日付全米アルバム・チャートで、初登場5位にデビューを果たした3rdアルバム『アウェイクン、マイ・ラブ!』からの2ndシングルで、この曲で自身初のTOP20入りを果たした。R&Bチャートでは8位まで上昇している。この曲のヒットを受けて、アルバム『アウェイクン、マイ・ラブ!』も緩やかにチャートを上昇中(今週35位)。アルバムの内容も素晴らしく、2018年の【グラミー賞】にもノミネートされることが予想されている。

 今週のアルバム・チャートで初登場1位を獲得した、R&Bシンガー、ブライソン・ティラーの新作『トゥルー・トゥ・セルフ』からは、74位の「サムシン・テルズ・ミー」など計5曲がランクイン。これらのストリーミング・ポイントも含めて、初週のユニットは10万を突破した。ブライソン・ティラーが全米アルバム・チャートで首位を獲得するのは、これが初となる。

Text:本家一成

※関連リンク先の米ビルボード・チャートの掲載は、7日22時以降予定となります。

◎【Hot100】トップ10
1位「デスパシートfeat.ジャスティン・ビーバー」ルイス・フォンシ&ダディ・ヤンキー
2位「ザッツ・ワット・アイ・ライク」ブルーノ・マーズ
3位「アイム・ザ・ワン」DJキャレドfeat.ジャスティン・ビーバー、クエヴォ、チャンス・ザ・ラッパー&リル・ウェイン
4位「ハンブル.」ケンドリック・ラマー
5位「シェイプ・オブ・ユー」エド・シーラン
6位「マスク・オフ」フューチャー
7位「ステイ」ゼッド&アレッシア・カーラ
8位「サムシング・ジャスト・ライク・ディス」ザ・チェインスモーカーズ&コールドプレイ
9位「XO TOUR Llif3」リル・ウージー・ヴァート
10位「コングラチュレーションfeat.クエヴォ」ポスト・マローン

関連記事リンク(外部サイト)

6月17日付 Billboard HOT 100 全米ソングチャート
6月17日付 The Billboard 200 全米アルバムチャート
DJキャレド、ドレイクとのコラボをドロップ&ニューALリリース日が明らかに

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。