体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

名捕手・里崎智也氏が語る、超ポジティブ自己管理術【男の野球メシ特別編】

f:id:Meshi2_Writer:20170524052115j:plain

14年シーズンの現役引退以降、野球評論のみならず、タレントとしても多方面で活躍する元千葉ロッテマリーンズ・里崎智也さん。

先頃出版された最新書籍『捕手異論 一流と二流をわける、プロの野球『眼』』の刊行にあわせ、『メシ通』では、WBCのベストナインにも選ばれた名捕手がもつ「食」へのこだわりを聞いてきた。

食事は自己責任で好きなだけ

──プロのアスリートにとって体調のコントロールは、重要な要素だと思うのですが、里崎さんご自身は現役当時、「食」に関してなにか特別なことはされていました?

里崎:基本的には、好きなものを好きなぶんだけ食べていました。そもそも、世間では「栄養管理は大事」みたいなことがよく言われますけど、自分に足りていない栄養素がなにかなんて、ちゃんとした血液検査をしてみないことにはわからない。月イチで部員に検査を課している帝京大のラグビー部みたいなことをきっちりやるなら別ですけど、そうでもしないかぎりは結局、自己満足でしかないですから。いくら「疲れているときは豚肉がいい」と言っても、僕からしたら「疲れているかどうか、ホンマにわかってんのか?」って、ことなんです。

──科学的根拠が明らかでないものに安易に乗っかる必要はないと。

里崎:「長生きしたい」とか健康上の理由であれば、話はまた変わってくるでしょうけど、アスリートとしての「身体づくり」ということで言うなら、なんでもおなか一杯食べることが一番だと、僕は思います。実際、僕自身も引退間際には、半月に1回ぐらいの割合で血液検査をして、そこで出てきた数値をもとに不足している栄養素をサプリで補う……って感じの生活を1年ほど続けたことがありますけど、やるんだったらそこまで徹底してやらないことには正当性が出てこない。あれもこれも、と手当たり次第に栄養素を取ってみたところで、それがその人に足りているものなら、そのまま排出されてしまうだけですしね。

──とはいえ、食事面でのサポートを得やすいという部分で「スポーツ選手は早く結婚したほうがいい」なんて言い方もされますよね。選手の側からの「奥さんのおかげ」といった発言もよく耳にしますし。

里崎:そこは関係ないんじゃないですかね。もし仮に、結果が出なかったときにも「今年成績が悪かったのは、ヨメのサポートが足りひんかったせいや」って堂々と言える選手がいるなら、それは本物だと思いますけど、そんなコメント、これまで聞いたことがない(笑)。だから、僕はいつも言っていたんです。「調子がいいのはおれのおかげ。調子が悪いのもおれの責任。それ以上でも以下でもない」って。調子がいいときにだけ、そうやって「家族のおかげ」とか言うから、ダメになったときに、いろいろ書かれたりするわけですしね。

──たしかに世間は「あげまん」「さげまん」といった話題が好きですからね。

里崎:これは野球にかぎったことではないですけど、本当に家族を守りたいのであれば、仕事と家庭は無関係って姿勢をまず示すことじゃないですかね。ネタとしてキャッチーだから何回も聞かれるってだけで、最初に「関係ないっしょ」って言ってしまえば、相手も面白くないから、そのうち聞かなくなりますしね。

逆境すら楽しむ心の余裕を

──ちなみに、独身生活が長かった里崎さんですが、たとえば不調のときやけがをされたりしたときに「精神的なサポートが欲しい」と思うような瞬間はありました?

里崎:まったく感じなかったですね。そういうときは、基本的に寝てるか、部屋でテレビ見てるかぐらいのものなんで、仮に2人だったとしてもそこまで劇的には変わらない。逆に自由に好き勝手できるぶん、ひとりのほうが楽ですよ。そもそも、僕の場合はメンタルが落ちるってことがないですしね(笑)。

1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。