体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

蚊の侵入リスクを減らす! 窓と網戸の正しい位置関係とは?

蚊の侵入リスクを減らす! 窓と網戸の正しい位置関係とは?

初夏の陽気に肌も汗ばむ季節。気温が高くなると気になるのは「蚊」の発生です。人間の血を狙いすばしっこく飛び回る蚊たち。網戸を使っているはずなのに、いつの間にか部屋に侵入していた……なんてことも。でも、もしかしたらそれ、網戸の使い方次第で防げたかもしれません。

「窓と網戸の位置関係によっては、蚊が入りにくくなるんです」と語るのは、窓まわりのアイテム等を製造するメーカー・YKK AP住宅商品企画部の千田正勝さん。詳しく教えてもらいました。

蚊を防ぐための「網戸と窓の位置関係」、これだけは覚えておこう!

通気も確保しながら、蚊などの虫の侵入を防御する強力な武器「網戸」。蚊が入らないように、網戸を素早く開け閉めしている人は多そうですが、窓と網戸の位置関係に気を配っている人は少ないかもしれません。“窓も網戸も閉めている状態”にしていれば安心と思いがちですが、それぞれどのような位置にあるかによって、蚊に侵入の隙を与えてしまうリスクが高まるようです。

例えば、スライド式網戸の場合、蚊の侵入防御率を最も高められるのは次のイメージのような状態。【画像1】窓は全開にしていても、網戸は最後まできっちりと閉まっている状態。網戸と室外側の窓のフレームが同じ位置で2つ重なっているため、隙間がない。フレーム同士がしっかりと密着していれば、確実に蚊の侵入を防げる(イラスト/SUUMOジャーナル編集部作成) 【画像1】窓は全開にしていても、網戸は最後まできっちりと閉まっている状態。網戸と室外側の窓のフレームが同じ位置で2つ重なっているため、隙間がない。フレーム同士がしっかりと密着していれば、確実に蚊の侵入を防げる(イラスト/SUUMOジャーナル編集部作成)【画像2】こちらも、網戸と室外側の窓のフレームが2つ重なっており、窓を半分開けている状態でも、蚊が入る隙間がなく問題はない(イラスト/SUUMOジャーナル編集部作成)

【画像2】こちらも、網戸と室外側の窓のフレームが2つ重なっており、窓を半分開けている状態でも、蚊が入る隙間がなく問題はない(イラスト/SUUMOジャーナル編集部作成)

この2パターンを守りさえすれば、開口部から蚊が侵入することはまずないとのこと。問題なのは、多くの人がやっているであろう、次の状態。【画像3】網戸と室外側の窓のフレームが重なっていないため、室外に対して隙間が生じている。これでは蚊がいつ入ってきてもおかしくない状態(イラスト/SUUMOジャーナル編集部作成)

【画像3】網戸と室外側の窓のフレームが重なっていないため、室外に対して隙間が生じている。これでは蚊がいつ入ってきてもおかしくない状態(イラスト/SUUMOジャーナル編集部作成)

基本は“網戸”と“外側の窓”のフレームの位置を合わせ、端をしっかりつけること、窓を閉めているときも網戸はしっかりと端に寄せること。この2点を守ることで、蚊の侵入を防ぐことにつながるようです。

網戸の密閉性を高めるには“網”だけではなく“フレーム”も重要!

網戸は網目部分だけではなく、窓のフレームと接する網戸の縦方向のフレーム部分「縦框(たてがまち)」も重要なんです。

「外側の窓と網戸の間には、構造上左右に可動するために必要なわずかな隙間があるために、そこから虫が侵入する可能性があります。それを防ぐために、網戸の縦框(たてがまち)に『モヘア』と呼ばれるケバケバした起毛材が付いています。これが隙間をふさぎ、密閉性を高めています」(千田さん、以下同)

1 2次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。