体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

1週間限定! マリメッコ × 日本の職人技のポップアップショップが伊勢丹新宿店に登場

marimekko-popupshop-welovejapan_01

2017年6月7日(水)から6月13日(火)の1週間、東京・新宿の「伊勢丹新宿店本館1階= ザ・ステージ」にてMarimekko pop up shop 「We Love Japan-The Isetan edition」が開催されます。

日本で36店舗を展開しているmarimekko(マリメッコ)。フィンランド本国にある本店にも多くの日本人が訪れ、日本とマリメッコの関係はとても深いものとなっています。マリメッコの代表的なパターンで、大きい花のモチーフが印象的な「unikko(ウニッコ)」は、日本における最も有名な北欧のパターンの1つと言えるとかもしれません。

今回のポップアップショップでは、日本の職人とコラボレーションしたアイテムや、日本の伝統色をマリメッコのオリジナルパターンに使用したアイテムが1週間限定で販売されます。

ウニッコの柄をメインとして、カリモクニュースタンダード、有田焼の畑萬陶苑と福泉窯、手作りブリキ缶の加藤製作所、漆器の畑漆器店、てぬぐいのかまわぬとコラボしているほか、ファッションアイテムやホームコレクションの日本伝統色バージョンも登場します。

フィンランドのデザインと日本の工芸が出会って生まれた品々は、私たちの暮らしに懐かしくも新鮮な彩りを加えてくれるはずです。

2017年6月9日(金)にはフィンランド本国からマリメッコのデザイナーやディレクターらが参加するトークイベントも開催されます。来場者から質問を受け付ける時間もあり、色の選定やフィンランドと日本の共通点など気になることを直接聞くことができるチャンスです。

マリメッコファンにもデザインファンにも見逃せない今回のポップアップショップ。期間は7日間のみなのでスケジュールをチェックしてお忘れなくお出かけください。

marimekko-popupshop-welovejapan_03 Marimekko × KARIMOKU NEW STANDARDのソファ、テーブルの上はMarimekko × 畑漆器店のウッドボックス。 marimekko-popupshop-welovejapan_02

Marimekko pop up shop 「We Love Japan-The Isetan edition」

会期:2017年6月7日(水)~6月13日(火) 10:30~20:00

会場:伊勢丹新宿店本館1階=ザ・ステージ

▽トークイベント

日時:2017年6月9日(金) 18:00~

会場:伊勢丹新宿店本館1階=ザ・ステージ内

出演:サミ ルオツァライネン(マリメッコ ホーム デザイナー)

ロッタ プリンッシ(マリメッコ ストアデザイン、ヴィジュアルマーケティングディレクター)

畑石修嗣(畑萬陶苑)

▽限定商品

Marimekko × 畑萬陶苑、福泉窯(有田焼)

Sake cup 小(畑萬陶苑)

価格:1万5000円

全2柄:UNIKKO / VÄSKYNÄ

サイズ:W68mm × D68mm × H21mm

Sake cup 大(畑萬陶苑)

価格:1万8000円

全2柄:UNIKKO / VÄSKYNÄ

サイズ:W94mm × D94mm × H31mm

Incense container(畑萬陶苑)

価格:3万7000円

1 2次のページ
TABROOM NEWSの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。