体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

仕事は続けたいけど、子供もほしい。どうしたら良い?

仕事は続けたいけど、子供もほしい。どうしたら良い?

「働く女性の成功、成長、幸せのサポート」という理念のもと、キャリア支援やコンサルティング、現在では結婚コンサルタントなど、幅広い領域で活躍されている川崎貴子さん(川崎さん執筆の過去記事はこちら)。そんな川崎さんが、「“働く女性”に立ちはだかるさまざまなお悩み」に、優しくも厳しくお答えするこのコーナー。第2回は、転職したばかりで妊活タイミングに悩む女性からのご相談です。

仕事か、子供か_イメージ画像

<今回の相談内容>

半年前、ちょうど30歳で転職をしました。転職と同時に結婚もし、できれば遅くとも33歳くらいまでには第一子が欲しいと思っています。その点は夫も同じ考えです。ただ、先輩に相談したところ、「一人前になるまで最低2年は見ておいた方がいい」と言われました。確かに、一人前になる前に産休を取得してしまうと、戻る場所がないのではと不安になります。できれば仕事は続けたいと考えています。

まずは2年間、仕事に専念すべきか、それとも頃合いを見て妊活を始めるべきか…どうしたら良いでしょうか?(30歳・女性・人材)

回答者:川崎貴子

川崎貴子

1972年生まれ。埼玉県出身。

1997年に働く女性をサポートするための人材コンサルティング会社(株)ジョヤンテを設立。女性に特化した人材紹介業、教育事業、女性活用コンサルティング事業を展開。2017年3月に同社代表を退任し、同年4月よりリントス(株)代表に就任。女性誌での執筆活動や講演多数。著書に『結婚したい女子の為のハンティング・レッスン』『私たちが仕事を辞めてはいけない57の理由』『愛は技術 何度失敗しても女は幸せになれる。』『上司の頭はまる見え。』『モテと非モテの境界線』がある。株式会社ninoya取締役を兼任し、2016年11月より、働く女性の結婚サイト「キャリ婚」を立ち上げる。婚活結社「魔女のサバト主宰。女性の裏と表を知り尽くし、フォローしてきた女性は1万人以上。「女性マネージメントのプロ」「黒魔女」の異名を取る。12歳と5歳の娘を持つワーキングマザーでもある。

<回答>

私は女性の転職支援を長い事やってきた訳ですが、常に相談内容のトップ5には入っていたこのお悩み。仕事の方向性が見えてきて、転職したりキャリアアップできるチャンスが来たかと思うと、結婚や妊娠というプライベートのチャンスも同時期にやってきてしまうという理不尽な自然の摂理を前に、相談者の女性達とあーでもないこーでもないと何度も話し合ってきたものです。

結果、この大波を色々な形で乗り越えた女性達をたくさん見てきました。そして、その波乗りの、フォームの多様性に毎回驚かされたものです。ある人は転職後1年で実績を上げ、「早く帰ってきて!」と言われて育休3か月で復帰、ある人は婦人科健診で妊娠しづらいと言われて転職したばかりの会社を退職。妊活して子供を二人産んでから再就職し、再び活躍。ある人は、話し合った結果夫が育休を取る事に。またある人は管理職まで上り詰めたが子宝に恵まれず、里親制度を利用して現在仕事と子育てに奮闘中・・・。

乗り越えた彼女達に共通していたのは、長期的にキャリアを捉えたことと、その都度人生の優先順位をはっきりさせたこと、です。

「キャリアを手放さない」「33歳まで第一子」という強い意思があれば、多少のタイムラグやキャリアの停滞期があったとしてもそれらを挽回することは可能です。同時に全てを手に入れる事はできないかもしれません。しかし、逆を返せば「同時じゃなければ手に入れられる」という事であり、慌てずに一つ一つクリアにしていく大切さを彼女たちは教えてくれました。

コントロールできるもの、できないもの。

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy