体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

おいしく焼酎を飲みたい。そうだ!さつま揚げがあるじゃないか

おいしく焼酎を飲みたい。そうだ!さつま揚げがあるじゃないか f:id:uralatokyo:20170425171649j:plain

ゆきちゃめゴンはだいたい毎日晩酌をします。

昨年から芋焼酎にハマっているため、芋焼酎にはどんなツマミがいいかということを日々考えて暮らしていました。そして、ある日思ったのです。

ドイツビールにはドイツのジャーマンポテトが合う。

ならば、芋焼酎の本場である九州鹿児島の名物、さつま揚げは芋焼酎に合うに違いない。

ここはひとつ、本場からお取り寄せしちゃおう

ネット通販で鹿児島のさつま揚げを注文

今回、お取り寄せしたのは「玖子貴(きゅうじき)」という鹿児島に本社があるさつま揚げ専門店。ネットショップから注文後、数日後にクール便で届きました。

f:id:uralatokyo:20170425162551j:plain

▲クール便のダンボールにはセンス良しな包装紙に包まれた箱が

f:id:Meshi2_IB:20170519103053j:plain

▲今回注文したのは「奏」というセット。3,240円(送料込)

開けてみると、こんなかんじ。

きらめくさつま揚げが美しい。

いろんな味が楽しめる

まずは、トレーの上でもセンターに陣取り、一番目をひくやきもろこしから。

f:id:Meshi2_IB:20170519103234j:plain

とうもろこしのさつま揚げは初めて食べましたが、これがうまいのなんのって。

コーンがザクザク入っていて、コーンの食感がスゴイ。こんなさつま揚げ初めて!

さつま揚げのニューウェイブか。

そして、次は安納芋

f:id:Meshi2_IB:20170519103330j:plain

さつま揚げなのに芋のホクホク感、甘み感じられて不思議な感じ。しかし、飲んでいるのは芋焼酎。合わないわけがないのです。

さつま揚げに芋を入れようなんて誰が思いついたのかしら。すごいわー。

焼いたり、薬味をつければさらにおいしく

さつま揚げはそのまま食べてもおいしいのですが、さらにおいしく食べたい! と思い、ここから先は何種類かを油をひかずに軽くフライパンで焼いてみました。

1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会