ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ウユニの鏡張りが見られる⁉︎ 絶景スポットが豊富なオーストラリア「ブルーム」とは

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ウユニの鏡張りが見られる⁉︎ 絶景スポットが豊富なオーストラリア「ブルーム」とは

いつかはウユニ塩湖の鏡張りを見たい。そんな風に思う旅人は多いのではないでしょうか?だけどボリビアは遠いし、お金もかかりそうだし…と諦める人も。

実はその絶景、オーストラリアで見られるんです!西オーストラリアにある小さな町ブルーム。こちらでは、ウユニさながらの鏡張りを見れたり、そこをラクダで歩けたり…そしてそれだけではないんです!

私はワーキングホリデーで約2年オーストラリアに滞在し、ほぼ一周陸路で回りました。その中でも一押しなのが、4ヶ月滞在したブルームです!

 

ウユニみたいな鏡張りとラクダ

The Kimberley, Australiaさん(@thekimberleyaustralia)がシェアした投稿 – 2017 5月 29 2:51午前 PDT

こちら、実はビーチなんです。ブルームは遠浅のビーチで、潮が引いたあとの濡れた砂浜が鏡のように反射するのです。こちらのブルーム西側にあるケーブルビーチは、なんと全長22キロ。


Photo by Yuki

もちろん雲のないオレンジ色の夕陽も最高ですが、雲が多い日の方が、地元の人がこぞって夕陽を見に来ます。

雲があることによって鏡張りがより綺麗に見えたり、夕陽が沈んだあと空がピンク色に染まったり、毎回違った景色が楽しめるためなんだとか。

 


Photo by Yuki


Photo by Yuki

四駆なら、ビーチを車で走れます。週末は家族連れでピクニックのように夕陽を見に来てる方がいっぱい…羨ましい生活!


Photo by Yuki

ラクダライドは、時間によって乾いてるビーチを歩いたり濡れてるビーチを歩いたり。


Photo by Yuki

乗るのもいい経験だけど、見るのも美しい。本当に、何回も来る価値のある景色です。


Photo by Yuki

もちろん昼間のビーチも最高。キレイな海と白い砂浜。波は高くはありませんが、サーフィンも出来ます。運が良ければイルカが現れることも!

 

月への階段

Yukiさん(@yuki_photo00)がシェアした投稿 – 2017 5月 23 6:00午後 PDT

こちらは4〜9月の満月の日から3日間、雲のない時にしか見られません。日の出を待つことがあっても、月の出を待つことはあまりないですよね。

真っ暗な中から月が登り、階段が出来て行く様子は本当に神秘的。

ブルーム東側のタウンビーチの端から静かに見るのも良いですが、近くのマングローブホテルのバーだと、オーストラリアの先住民族アボリジニの民族楽器ディジュリドゥの生演奏とともに見られます。(その日は宿泊者でなくても入場出来るのです!)


Photo by Yuki

ちなみに9月、満月の日はまだ空が明るい時間でしたが、見られました!南半球に位置するオーストラリアでは日本と季節が逆なので、春の向けて日が伸びた結果見ることが出来た景色でした。

 

夜のマーケット

ironic78さん(@ironic78)がシェアした投稿 – 2016 6月 22 3:56午前 PDT

月への階段が見られる日には、ビーチの近くの広場、駐車場でマーケットが催されます。ブルームの名産品であるパールの販売や、各国の料理の屋台など。在住日本人の方のお店もありました!

また、バックパッカーがパフォーマンスをしていることもあります。

 

恐竜の化石も見れちゃう


Photo by Yuki

ブルームの魅力はそれだけではありません。ケーブルビーチの南端に位置するガンシュームポイント。見事な赤岩で、ただこの景色でもキレイ。


Photo by Yuki

そして干潮の時間には、なんと1億2000年前の恐竜の足跡が見れちゃうのです!ただし看板等はないので、探さなくてはいけません。

でも大丈夫、探してる人は他にもいます。みんな下を向いて宝探し状態。人集りが出来てたら、ソコが正解です!

どうしても見つからなかったら、入口にあるレプリカと写真を撮りましょう!

関連記事リンク(外部サイト)

オーストラリアのワーホリ88日間で100万円貯金!まだ僕が続ける理由
オーストラリア「パース」の観光スポット5選
【2016年からワーホリ税導入】オーストラリアでワーキングホリデーをする4つの理由
オーストラリアで買えるオススメのお土産8選

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。