体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

インスタ映えする世界遺産の街「ホイアン」は幻想的で女子旅に最適!

『ホイアン』をご存じですか?

ベトナムのダナンから車で30分ほどの位置にあり、「世界遺産」にも登録されている街。実は、街並みそのものが評価され、まるっと世界遺産に登録されているエリアです。

そのため、街に入るのには入場料を払いますし、歴史保護地区として街並みが保護されているエリアもあります。今回は、そんなホイアンの魅力をたっぷりご紹介。

ホイアンのシンボル的な橋は名前が「日本橋」!?

インスタ映えする世界遺産の街「ホイアン」は幻想的で女子旅に最適!
日本人によって建設された(1593年という説が有力)というこの橋は、ホイアンの街でシンボル的な存在です。別名を「日本橋」と呼ばれているのは、日本人が作ったという説や、日本人と一緒に作ったという説まで諸説あります。

橋を渡るのに通行料がかかりますが、橋の両側に街が広がっているので、ホイアンを訪れた際には、必ず通ってみたい場所のひとつ。正面からの門構えは、ピンクと赤が混ざったような朱色。女子的にはフォトジェニックな写真が撮りやすく、テンションが上がります。

そして、大きな川のある「バクダン通り」サイドからこの橋を渡り、「チャンフー通り」に入っていきます。

チャンフー通りはどこを撮っても絵になる

インスタ映えする世界遺産の街「ホイアン」は幻想的で女子旅に最適!
このチャンフー通りも、歴史保護地区として街並みが保全されているエリア。ファッションから雑貨まで幅広い商店が並んでいて、散策していて飽きません。道路側に雑貨が並んでいたり、ちょっとした飲み物を売っていたりと、まさに、散策しながらぷらっとショッピングを楽しむのに最適なエリアで、女子好みな雰囲気です。

世界遺産に登録されているだけあって、歴史ある雰囲気の建物が多く、こんな風に街にカメラを向けるだけで絵になってしまうのはさすがですよね。道路沿いに簡単なテーブルが置いてあるのはカフェ的なお店。お茶を飲みながら一息つけます。

さて、では川沿いのエリアに戻っていきましょう。

川沿いにあるバクダン通りはショッピング天国!?

インスタ映えする世界遺産の街「ホイアン」は幻想的で女子旅に最適!
ホテルからのツアーバスが泊まるのは、実は川沿いのバクダン通り周辺が多く、ここから散策が始まるツーリストも少なくありません。

インスタ映えする世界遺産の街「ホイアン」は幻想的で女子旅に最適!
川の反対側から街並みを眺めると、こんな雰囲気です。

実はホイアンの街の建造物は、日本建築の影響を受けている建物も多いのだとか。そう言われてみれば、どことなく古き良き時代の日本の長屋のように見えなくもありません。

インスタ映えする世界遺産の街「ホイアン」は幻想的で女子旅に最適!
そして、このバクダン通りエリアには、ツーリスト向けのショッピング店もたくさんあります。

インスタ映えする世界遺産の街「ホイアン」は幻想的で女子旅に最適!
アオザイをオーダーメイドできるお店だったり、雑貨を扱っているお店だったりと、ベトナムテイストのアイテムがたくさん並んでいて、見ているだけでも飽きません。

ちなみに、店頭に値段が書いていないお店がほとんどなので、購入する際にはまずは値段交渉からが基本。それでも、日本人ツーリストだと思われると、なかなか値段は下がらないのですが・・・。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会