ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ヴァイオリニスト ワディム・レーピンとボリショイ・バレエ団 スヴェトラーナ・ザハーロワが共演、「トランス=シベリア芸術祭 in Japan 2017」開催決定

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ヴァイオリニスト ワディム・レーピンとボリショイ・バレエ団 スヴェトラーナ・ザハーロワが共演、「トランス=シベリア芸術祭 in Japan 2017」開催決定

左から:ワディム・レーピン、スヴェトラーナ・ザハーロワ
9月にBunkamuraオーチャードホールにて、「トランス=シベリア芸術祭 in Japan 2017」が開催。世界的ヴァイオリニストであるワディム・レーピンと、その妻でロシアの名門・ボリショイ・バレエ団の頂点に輝く女王、スヴェトラーナ・ザハーロワが夢の共演を果たす、「アモーレ」(9月26・27日公開)と「パ・ド・ドゥ for Toes and Fingers」(9月29日公開)が上演される。

6月5日、港区・ロシア連邦大使館にてこの記者会見が開かれ、レーピン、ザハーロワをはじめ、ボリショイ・バレエのプリンシパルであるデニス・ロヂキン、そしてロシア連邦のオリガ・ゴロジェツ副首相らが登壇した。

ロシア連邦政府が推進する文化プロモーション「ロシアン・シーズン」の一環として行われる「トランス=シベリア芸術祭」。2014年にレーピンが「芸術を“旅”と考え、東西の架け橋にしたい」という思いのもとで発足させたもので、同氏はこの大規模なフェスティバルの芸術監督も務めている。今回、ザハーロワが3人の振付家とコラボレーションして行う日本初上演の「アモーレ」、前回公演時よりもブラッシュアップされた「パ・ド・ドゥ for Toes and Fingers」の2作品が上映されるとあって、バレエファンの間では大きな話題となっている。

バレエダンサー(プリンシバル)デニス・ロヂキン
「このような大きなイベントに参加することができて実に光栄。日本とロシア、両国にとっての、まさしく“架け橋”となる可能性を秘めたものだと思います」と語ったレーピン。翌日には「ザハーロワと共に安倍首相と会う機会を頂いている」という同氏は、「日本の皆さまに歓迎して頂けていることを、本当に有り難く思っています」と感謝を述べ、「これまでにも開催してご好評を頂いてきた同フェスティバルですが、今回はさらにユニークで多面性を持ったものとして披露できると思うので、ぜひ楽しみにしていてください。幅広い層の方や若い世代をもっと巻き込んでいけたら、と期待しています」と意気込みを見せた。

一方、20年前に初来日し、日本のファンからの温かい歓迎に感動したというザハーロワ。今回上演される2作品の見どころは、という質問に対し、「『パ・ド・ドゥ』はこれまで上演してきたものから大きく更新されているので、まるで新しい作品のように楽しんでもらえるはず。また、『アモーレ』は従来の作品と趣の異なる三部構成の演目で、素晴らしい作品に仕上がっています。とにかく百聞は一見にしかず! ぜひ会場でご覧いただきたいと思います」とコメントした。

ロシア連邦 オリガ・ゴロジェツ副首相
ボリショイ・バレエのスターが集結し、ワディム・レーピンとスヴェトラーナ・ザハーロワが夢の共演を果たす「アモーレ」と「パ・ド・ドゥ for Toes and Fingers」。現在Bunkamuraチケットセンターをはじめ、イープラス、チケットぴあ、ローソンチケットでチケットが販売されている。

Bunkamuraオーチャードホール公式サイト内 イベント詳細ページ
http://www.bunkamura.co.jp/orchard/lineup/17_trans_siberian.html

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。