体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

北欧土産はムーミンだけじゃない!フィンランドの絶品チョコレート「Fazer」TOP5

こんにちは、フィンランド在住のあおいです。

皆さんはチョコレートが好きですか?YESのあなたは、いつか絶対フィンランドのチョコレートを食べるべきです!

フィンランドのチョコレートで有名なFAZER(ファッツェル)は、フィンランド人だけでなく、観光客の間でも大人気のチョコレートブランドです。

よくある海外のチョコレートのように、味も濃すぎず、粉っぽくない。程よい、ちょうど良い甘さで、口溶けも良く、まろやかで美味しいチョコレート。

フィンランドのチョコレートは言葉にできないくらい味わい深くて美味しいので、チョコレート好きに絶対試してほしいブランドです。

 

FAZERって?

fazer choco

Fazer(ファッツェル) は、創始者Karl Fazerさんのお名前。Fazerは1891年に設立した、フィンランドの食品業界で最大の企業の1つです。

チョコレートだけでなく、ビスケット、クッキー、グミ、キャンディー、コーヒードリンク、パン等、さまざまな商品を販売しています。

 

フィンランドのお土産の定番といえばFazer

チョコレートだけでなく、キャンディー類も人気ですから、フィンランドのスーパーに行って、手に取った可愛いお菓子のパッケージをよく見たら「あ、これもFazerだ!」ということも少なくありません。

パッケージのデザインも非常に優れているので、板チョコ1つでさえ素敵なお土産として候補になるFazerは、フィンランド旅行でゲットしたいアイテム。

 

Fazerの気になるお値段は?

Fazerの板チョコレートは、日本で一般的に販売されている板チョコレートより大きめの200g。値段は一番ベーシックなミルクチョコレートで、だいたい2.3ユーロ(チョコレートの種類、販売店によって異なります)。ですから日本円にして、287円(2017年5月現在レート)です。

日本の板チョコレート(約60g)が1枚、100円ほどで売っていることと比べたら、値段はほとんど変わりません。

200gの板チョコの他にも、100gチョコレートや、小さいスティック状のチョコレートなどが1ユーロ前後で販売されているので、お土産として大量買いしたい人にとってもお手軽なんです。

 

おすすめはこれ!食べなきゃ損のFazerチョコレートを厳選

板チョコのお味はいちご、ブルーベリー、ポップコーンなど種類豊富なので、初めてフィンランドに来られる方は、どれを買えばいいのか迷ってしまうかもしれません。

そこで今日は絶対食べてほしいおすすめのFazerチョコレートTOP5を選んでみました!ぜひ参考になれば嬉しいです。

定番のミルクチョコレートは基本の味としてランクに選ばず、他のテイストから私のお気に入りをご紹介します。

 

TOP 5 Fazer のイチゴ&バニラチョコレート味

フィンランドはいちごが美味しいことでも有名!中のツブツブが美味しくて手が止まらず、200g一人で食べれちゃう…。

 

TOP 4 Geisha

スオミの旦那と一生一笑さん(@suomi.isshoissho)がシェアした投稿 – 2016 2月 5 2:30午前 PST

日本人の間であっと驚かれる、ゲイシャという名のチョコレート。写真はヘーゼルナッツ入りの、ダークチョコレートです(2種類あり)。まろやかで甘く、忘れられない味です。

 

TOP 3 Fazerのブルーベリーヨーグルト

1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。