体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

お酒が飲めない人も楽しめるプリン?どぶろく特区の「ほろ酔いどぶろくプリン」を食べてみた【愛媛】

f:id:uchitomi:20170406102259j:plain

こんにちは! なかなか地上に行けない地下放送作家の内村です。

みなさん「なっそ」って知っています?

南予地方(愛媛県南部)の方言で、を「なっそ」は「なんで?」「どうして?」という意味です。

その南予地方にある宇和島市が、平成19年3月に愛媛県で第1号の「どぶろく特区」に認定されました。

酒税法では、年間の醸造見込み量が最低6キロリットルに満たなくては製造免許が受けられません。しかし、どぶろく特区内の農業者が自家産米で仕込み、自ら経営する民宿などで提供するために酒造りの免許を取得できるようになったのです。

そこで、かつて蔵元が軒を連ねた酒どころだった地域を中心に「企業組合いわまつ」を設立してどぶろくの製造要件を満たし、米作りから手がけることになりました。

棚田で育てた自家精米を60%まで精米して、清酒用の酵母で丁寧に仕込んで出来上がった真っ白などぶろくが誕生しています。

どぶろくの名に素朴で、地元らしい言葉の響き、に着目して「nasso(なっそ)」と名づけられました。

f:id:Meshi2_IB:20170531174251j:plain

▲ボトルの容量を変えたのを機にラベルもリニューアルしたそうです

生きた菌が醗酵し続けるどぶろく「nasso」。

f:id:Meshi2_IB:20170531174408j:plain

▲酒の表面に気泡が。醗酵しているお酒の証です

ぜひたしなんでみたいのですが、僕はお酒が苦手で、残念ながら飲むことができません。だが、そんなお酒の苦手な人でも、宇和島市のどぶろくの味「nasso」が一番おいしく醗酵した時に「ぷりん」に仕上げ、楽しむことができるものを発見しました。

それが、「ほろ酔いどぶろくプリン」!

3個入り1,300円(送料別)! さっそくポチってみました。

ポチること数日で到着!

f:id:Meshi2_IB:20170531172502j:plain

冷凍で届けられ、がっちり段ボールで梱包されています。

なんでここまで梱包されているのか、開けてみてわかりました。

f:id:Meshi2_IB:20170531172542j:plain

それは、容器が陶器でできていたから。

プリンなのでプラスティックの容器だろうな、勝手に思い込んでいた自分が恥ずかしい。

1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy