体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「ニコニコ超会議」出演権を賭けネタ対決 生主の祭典「超ナマケット」開催

生活・趣味

 ニコニコ生放送のユーザー「生主」(なまぬし)たちの祭典「ナマケット」の第4弾「超ナマケット~超会議 or Nothing~」が2012年3月25日に開催された。今回のナマケットは、今までのような「No.1生主を決める」ものとは違い、4月28・29日に開催されるニコニコ動画のイベント「ニコニコ超会議」の出演権を賭けておこなわれた。参加した60人の生主たちは1対1になって対決、勝者30人に敗者復活枠1人加えた31人にニコニコ超会議の出演権が与えられた。

・超ナマケットの試合結果一覧 – ナマケット公式サイト
http://www.nicovideo.jp/namaket/chokaigi_or_nothing_time_schedule

■いかに視聴者にインパクトを与えるか? 3分間の持ちネタ披露

 今回のナマケットでの対決方法は、対決をする2人が持ち時間の各3分で持ちネタを披露して、その後の視聴者アンケートで優劣を競うという真剣勝負。生主が普段おこなっている生放送を見ている”常連さん”以外の視聴者も多いため、これまでの人気だけでなく一発勝負の「運」の要素も大きい。事実、前評判では人気で勝っていた生主が、まさかの大敗を喫する場合も多く見られた。

インパクトの大きかった「胡蝶蘭」さん(第26試合)

 全30試合中、視聴者に最もインパクトを与えたのではないかと思われるのが、「第26試合 新宿の夜の夢…ホストvsおかん」。生主「麒麟」さんの「おかん」こと「胡蝶蘭」さんは、何と64歳のおばあちゃん。パステルカラーの部屋をバックに水着姿で3分間、ひたすら踊りまくる姿に、視聴者からは「すげwww」「もうやめて」など驚きと心配のコメントが多数寄せられた。64歳とは思えないリズム感と体のキレ、ダンス中も常に笑顔を絶やさないスタミナ・・・対決相手の元ホスト「@やすっくま」さんのハイテンション話芸も歯が立たなかった。

・[ニコニコ生放送]新宿の夜の夢・・・「ホストvsおかん」から視聴 – 会員登録が必要
http://live.nicovideo.jp/watch/lv81598308?po=news&ref=news#4:49:44

濃すぎるメイクで芸を披露した「らいちょ」さん(第27試合)

 同じくインパクト面では、「第27試合 網膜に焼き付く濃厚キャラ対決 らいちょvs ワイ♪」も負けていない。男らしいフェイスに濃すぎるメイクで人気の自称「伝説のオカマ」こと「らいちょ」さんは、マシンガントークをしながら口から玉子を出産する「ゲイ」ならぬ芸など、大ネタ小ネタ織り交ぜ制限時間一杯で持ちネタを披露。ダンスで魅せた「ワイ♪」さんを見事に撃破した。

1 2 3 4次のページ
ニコニコニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会