体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

コーピングとは?お金をかけず「手軽」にできるストレス対処法に注目!

f:id:tyo-press:20170529094340j:plain

残業、満員電車、上司の叱責、仕事のミス……。些細なストレスが積み重なることでうつ病やパニック障害などに陥る人は年々増加し、その症状は若年化も進んでいるといわれます。

こうした心の病を防ぐ、話題のストレス対処法のひとつ「コーピング」。認知行動療法を応用し、だれでもどこでも出来るストレス対策として注目されています。

いますぐにできるストレス対策「コーピング」の仕組みと、その効果について臨床心理士の伊藤絵美先生にお話を伺いました。

f:id:tyo-press:20170529094334j:plain

伊藤絵美(いとう えみ)

臨床心理士。精神保健福祉士。洗足ストレスコーピング・サポートオフィス所長。主な著書に『認知療法・認知行動療法カウンセリング初級ワークショップ』、『ジュディス・S・ベック著:認知療法実践ガイド・基礎から応用まで』など。伊藤絵美 (@emiemi14) | Twitter

そもそも「ストレス」とはどういう仕組みなのか?

伊藤先生は、ストレスを漠然と捉えるのではなく、何に対して自分はどう感じているかを知ることがストレス対策のスタートだといいます。

「まずはストレスそのものを2つに分けて考えましょう。自分に降り掛かってくる状況を『ストレス状況』、それに対する自分の心と身体の反応を『ストレス反応』といいます。

人間がストレス反応を起こす状況は、例えばシマウマがライオンを見たときと同じです。『大変だ、逃げなきゃ』と思って心拍数が上がってドキドキする。それは生き延びるための、心と身体の自然な反応です。一方でストレス状況がまったく無い、ということはありえません。なぜなら、もしシマウマがライオンを見てもストレスを感じず、逃げなかったら襲われて死んでしまいますよね?

私たち人間や動物は生き延びるために、嫌なものを本能的にキャッチするようにできています。ですから生きている限りストレス状況とストレス反応はある、これが大前提ですね」

ストレスに気づくことが第一歩

生きている限りなくなることのない「ストレス状況」。その対処法であるコーピングについて、伊藤先生の考え方はとてもシンプルです。

「ストレス状況とストレス反応に気づくことが、すでにコーピングの第一歩です。『自分はいま◯◯に対して、嫌な思いを持っている』と、どんなストレッサー(ストレスの原因)が降り掛かっているかを知り、それに対する心と身体の反応に気づくことがコーピングになります。

逆に、無理なポジティブシンキングは危ないですね。本当は嫌なのに『自分はこれくらい平気、大丈夫』と、ストレス反応から目を背けたり、気づかない状況に追い込むのは危険です。まずは、自分が何に反応してしまうのか、自分のストレッサーとストレス反応をよく観察しましょう。性格的にもともとポジティブなタイプの人もいますが、他人は他人。悩みがちな人は『悩んでばかりじゃだめだ』と思うのではなく『ストレスに対して繊細に反応できている』と捉えましょう」

また、コーピングは単なる気晴らしではありません。ストレス反応は人によってさまざまで、イライラする人もいればがっくり落ち込んでしまう人もいます。イライラしてしまう人は気持ちを落ち着けるコーピング、落ち込んでしまう人は気持ちを上向きにするコーピング、とコーピングの使い分けが重要です」

今すぐ、どこでも、誰にでもできるコーピングの例

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。