ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

日本一辛いと噂のラーメンを実食レビュー

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

日本一まずいラーメンといえば『彦龍』が有名だが、日本一辛いラーメンも存在するという。日本一の辛さといえば、カレーの場合だと東京・駒込の『大沢食堂』が有名だ。そのカレーは死ぬほど辛く、すべて食べることができない人が多くいるらしいが、日本一辛いラーメンも食べられないほど辛いのだろうか?

ちなみに、『日本一インスタントラーメンを食べる女』の麻布台綾子さんは、日本一辛いラーメンのカップラーメンバージョンを食べたらしいが、「ひとくち、ふたくちと飲んでいくと、汗がブワッと吹き出す。喉の粘膜が心無しかイタイ」とコメントしている。

取材班は日本一辛いラーメンを食べるべく、東京・目黒にあるというラーメン屋へと向かった。そして、いままで見たこともない真っ赤なラーメンを目の当たりにした!

日本一辛いラーメンと噂されているラーメンは、『蒙古タンメン 中本』の北極ラーメン(800円)だ。さっそく目黒店へ行き、注文してみた。店内で空席ができるのを待つこと15分。ラーメンは注文から5分ほどで完成し、テーブルに出された。

取材班は、まるでマグマのように真っ赤なスープに驚愕! これは食べ物なのだろうか? しかし、周囲を見てみると女性が注文してズルズルと食べているではないか。ちゃんと食べられるようだ。


高画質な『YouTube』で観たいんですよね。わかります。
ハイビジョン画質の『eyeVio』で観たいんですよね。わかります。
やっぱり『ニコニコ動画』で観たいんですよね。わかります。

とりあえずラーメンを一口食べてみると……これは辛い! かなり辛い! しかし、辛いだけではなくてうまみがある! 単に辛いだけのラーメンかと思いきや、そんなことはない、ちゃんと美味しさのあるラーメンだった! だが、スープがあまりにスパイシーなため、飲むことができなかった。辛さとしては極限の辛さではないのでスープをすべて飲んでもよかったが、腹痛を恐れて半分ほどスープは残してしまった。

結論としては、日本一辛くはないかもしれないが、とても美味しい辛さのラーメンだった。辛い料理が好きな人ならば、一度は食べに行ってもいいかもしれない。

カテゴリー : ガジェ通 タグ :
hiroの記事一覧をみる ▶

記者:

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。