ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

箸を置くタイミングを完全に見失う! エダジュンの「ピーパク炒め」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

f:id:edajun:20170524170910j:plain

簡単で素朴な味なのに、ずーっと食べてしまう……

こんにちは、料理研究家のエダジュンです。

今日はピーマンとパクチーを使ったレシピです! パクチーを入れるので、少しエスニックの味わいにしたいと思います。ピーマンとパクチー!? けんかしないかな…… と思いますが、これが相性バツグン!! 箸休めの1品に作ってみてください。

エダジュンの「ピーマンとパクチーの生姜炒め」

【材料】(作りやすい量)

ピーマン 4袋 パクチー(茎) 1株分 しょうが 2片 ごま油 大さじ1 (A) ナンプラー 小さじ2 オイスターソース 小さじ1 砂糖 小さじ1 粗びき黒こしょう 少々

作り方

f:id:edajun:20170524170915j:plain

1. ピーマンとしょうがは千切りにする。パクチーは葉と茎を分け、茎を1cm幅に切る。

f:id:edajun:20170524170919j:plain

2. フライパンにごま油をひき、弱火でしょうがを炒める。しょうがの香りがたってきたら、ピーマンとパクチー(茎)を入れて、中火でサッと炒め、(A)で味付けする。皿にのせて、黒こしょうを仕上げにぱらり。

お箸を置くタイミングを見失う、ピーマン&パクチーのハーモニー

f:id:edajun:20170524170904j:plain

ナンプラーとオイスターソースで、塩味、コクが感じられて濃い味付けになりますが、パクチーの茎のシャキシャキした爽快感がGOOD! くどくなく、いくらでも食べれてしまいます。

残ったパクチーの葉はトッピングで追パクしても、別のサラダに使っていただいてもOK! 余すことなく使ってくださいね。

作った人:管理栄養士 エダジュン

管理栄養士 エダジュン

パクチー料理研究家・管理栄養士。株式会社スマイルズに入社。SoupStockTokyoの本社業務に携わり、2013年に独立。家で作れるエスニック料理とパクチーを使ったレシピを研究中。「料理にやっちゃいけないことはない」がモットー。最新刊、野菜たっぷりのつくりおきレシピを集めた「エスニックつくりおき」(PARCO出版)が好評発売中。 ブログ:パクチー料理研究家 エダジュン「パクチーに恋して」 Instagram:@edajun レシピブログ:管理栄養士 エダジュンさんのmyレシピブック

過去記事も読む

企画協力:レシピブログ

レシピブログ

テレビや雑誌で活躍する人気ブロガーをはじめ16,000名のお料理ブロガーが参加する日本最大級のお料理ブログのポータルサイト。毎日のおかずや弁当、お菓子など90万件のお料理レシピを無料で検索できる。 ホームページ:レシピブログ Instagram:@cookingram.jp Facebook:@comu.recipeblog

※この記事は2017年6月の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

【名店】「パクチーの天ぷらそば」が楽しめるハイブリッド系立ち食いそば店【東京ソバット団】
缶詰で炊き込みご飯を作ったら?さっそくやってみた【炊き込みご飯合戦】
マイベストツナ缶レシピを勝手に推薦

カテゴリー : グルメ タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。