ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ボブ・ディラン、27分に及ぶ【ノーベル賞】受賞講演が公開

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ボブ・ディラン、27分に及ぶ【ノーベル賞】受賞講演が公開

 【ノーベル賞】を選考するスウェーデン・アカデミーが2017年6月5日、2016年の【ノーベル文学賞】受賞者であるボブ・ディランから受賞講演が送付されたと発表した。これにより、ディランは賞金の800万スウェーデン・クローナ(約1億円)を受け取ることとなった。

 スウェーデン・アカデミー選考委員のサラ・ダニアスは6月5日に発表した声明で、ディランの講演は“extraordinary”(非凡)で“eloquent”(表現豊か)であると表現したが、いつ、どこで、そして誰に提出されたかについては明らかにしなかった。講演を受け取ったことにより、スウェーデン・アカデミーにとっての「ディラン・アドベンチャーは終った」とダニアスは綴っている。

 ディランは4月に【ノーベル文学賞】のメダルと証書は手にしていたが、6月10日までに講演を行うことが賞金を受け取る要件だった。バディ・ホリーへの憧れを語り、『白鯨』、『西部戦線異状なし』、『オデュッセイア』を例に自身が受けた影響について考察し、そこから“歌とは何か”へと向かう内容の27分の講演の音声とテキストはスウェーデン・アカデミーのウェブサイトで公開されている。

◎ボブ・ディランによる【ノーベル賞】受賞講演
https://youtu.be/6TlcPRlau2Q

関連記事リンク(外部サイト)

『5月24日はなんの日?』ボブ・ディラン、76回目の誕生日
「まだ歌うべき/歌われるべき曲がある」 ボブ・ディラン『トリプリケート』(Album Review)
ボブ・ディラン・アーカイブ・センターが米オクラホマにオープン

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。