ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

キミの秘密は?どこまでも白い「純白のオムライス」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

6月5日放送の「Nスタ」(TBS系、午後15時50分~)では、純白のオムライスを提供しているお店として「Kitchen・Omiya・マークイズみなとみらい店(キッチンオオミヤマークイズミナトミライテン)」(神奈川県横浜市西区)を紹介した。

同店では、「純白のオムライス」を提供している。今、話題になっている“真っ白なオムライス”だ。料理を出された瞬間、女性リポーターが「あ!真っ白ですね!黄身は入っていないんですか?」と驚いた。このオムライスの白さの秘密は玉子の黄身にある。黄身も真っ白な「ホワイトたまご」と呼ばれる卵を使っているのだ。

通常の鶏はとうもろこしを食べているため黄身が黄色になるが、ホワイトたまごを産む鶏の飼料はお米のため黄身の部分が白くなるという。このホワイトたまごを割ってみると黄色がかってはいるものの、ほとんど白に近い。ゆで玉子にしてカットするとより一層白く感じるほどだ。色が白い玉子だと味が淡泊なように思えるが、コクがあり濃厚だそうだ。通常の卵と栄養価は同じだが脂質とエネルギー(Kcal)が低いという成分分析比較も出ている。(日本食品分析センター調べ)

「純白のオムライス」(1350円/税抜)は徹底的に“白”にこだわり、ライスの香り付けに白ワインを使用。オムライスにかけるソースはもちろんホワイトソースという徹底ぶりだ。真っ白なオムレツでライスを包み込み、そこにホワイトソースと白いチーズをかけて、真っ白なオムライスが出来上がる。女性リポーターは「見た目が真っ白で淡泊な感じがするんですけれど、しっかりと黄身の味がしてコクがあります」「見た目とのギャップが驚きです」とコメントした。まさに純白、フォトジェニックで白さが際立つ一品だ。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:キッチン大宮 マークイズみなとみらい店(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:みなとみらいのお店紹介
同じジャンルのお店を見る:イタリアン・フレンチのお店紹介
ぐるなび検索:みなとみらい×イタリアン・フレンチのお店一覧
時が経っても変わらない味が堪能できる老舗
キミの秘密は?どこまでも白い「純白のオムライス」

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。