ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

辛いもの好きは挑戦したくなる「地獄のカレーパン」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

6月5日放送の「よじごじDays」(テレビ東京系、午後15時55分~)では、片手で食べられる「ワンハンドめし」を特集したコーナーの中で、「珈琲文明」(神奈川県横浜市神奈川区)を紹介した。

同店は横浜市・白楽の六角橋商店街にある珈琲店。お店の中は落ち着いた雰囲気で、カウンターには多くのコーヒーサイフォンが並んでいるレトロな喫茶店だ。

番組で紹介されたのは「地獄のカレーパン」(530円/税込)。握り拳ほどの大きさのパンは器のようになっている。蓋部分になっているパンを持ち上げると赤みを帯びたカレーが入っていて、とても辛そうな印象だ。もともとは、「辛いもの好きな自分が『これはダメだ』というレベルのものを作りたかった」という店主が辛さを追求した一品。カレーには様々なスパイスやカイエンペッパー、ハバネロがたっぷりと入っている。お店に置いてある「えんま台帳」と呼ばれるノートには「地獄を見てきた」 「もう二度とトライ致しません」「あまりの辛さに涙がでました」など食べたお客さんの「辛い!」という感想がたくさん書かれている。

スタジオで試食した男性タレントの方は、平然とした顔つきでカレーパンを一口食べ「いや、でも…」と辛くなさそうだったが表情が一変。「地獄だね!!痛い、痛い!」と驚愕の様子。「辛いときに水を飲むと辛いのが広がる」と悶絶した表情ながらも「辛いけれどうまい」とコメントしていた。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:珈琲文明(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:白楽・反町のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:カフェ・スイーツのお店紹介
ぐるなび検索:白楽・反町×カフェ・スイーツのお店一覧
時が経っても変わらない味が堪能できる老舗
キミの秘密は?どこまでも白い「純白のオムライス」

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。