ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

KEYTALK、アニメ「境界のRINNE」第3シリーズ 新OP「セツナユメミシ」が8月にシングル化

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
KEYTALK、アニメ「境界のRINNE」第3シリーズ 新OP「セツナユメミシ」が8月にシングル化

NHK Eテレで放送中のテレビアニメ「境界のRINNE」第3シリーズの新しいオープニングテーマとして、KEYTALKの新曲「セツナユメミシ」が7月1日放送分より起用されることが発表されて話題となったが、この「セツナユメミシ」が12枚目のシングルとして8月30日にリリースすることが決定した。

2015年4月よりオンエアがスタートしたアニメ「境界のRINNE」第1シリーズのオープニングテーマ「桜花爛漫」以来となる“境界のRINNE”と“KEYTALK”による強力なタッグが再び実現となった。本作もKEYTALKが多くの音楽ファンから支持されるきっかけとなった「桜花爛漫」と同様、書き下ろしのテーマソングとなる。

「セツナユメミシ」は作詞・作曲を首藤義勝が担当。サウンドプロデュースにNARASAKI氏が今回も参加し、原作の持つ摩訶不思議でポップな世界観と流麗なメロディラインが融合したロックチューンとなった。

本シングルは初回限定盤(CDS+DVD)、通常盤(CDS)の2形態となるが、商品内容の詳細は後日改めての発表となる。

6月7日には11枚目のシングル「黄昏シンフォニー」の発売を控え、6月9日にテレビ朝日系「ミュージックステーション」に初出演することが決定、現在開催中の全国ツアーは軒並みソールドアウト。そして、9月10日にはバンドキャリア初の横浜アリーナでのワンマン公演も控えている。

関連リンク

KEYTALK オフィシャルサイトhttp://www.keytalkweb.com/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。