ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

お腹一杯食べてOK!簡単レンチン「味噌汁ダイエット」でスリム体型を叶える

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
お腹一杯食べてOK!簡単レンチン「味噌汁ダイエット」でスリム体型を叶える

嬉しい効果いっぱい!ダイエットにピッタリな「豆腐となめこの味噌汁」

嬉しい効果いっぱい!ダイエットにピッタリな「豆腐となめこの味噌汁」

こんにちは。美容ライターの藤井香江です。

さて、今回ご紹介するのは、簡単「味噌汁」ダイエットです。
正直、味噌汁ほど、痩せる効果を得られるメニューはないのではと思います。

一口飲めば、心が和んで、がっつきたい食欲が抑えられる。
身体に染みわたる感じが、とても心地いいですね。日本人の身体には、味噌汁が流れているのでは!?、と思うのです。

そして最大のメリットは、痩せる栄養素を含む野菜をいくつ入れても、美味しく食べれる点です。

スリムになり、なりたい自分になるには、食事の質、口に入れるものを変えていくことが大切です。
どんな栄養素を身体に入れていくか、日々の継続が、数か月後のあなたを作ります。

と言っても、難しく考えないでくださいね。
藤井流の味噌汁は、具材を入れて、電子レンジでチンするだけ!
超簡単「豆腐となめこの味噌汁」レシピです。

ぜひ、残業や育児に疲れた身体に1杯。カラダと心に元気をあげてください!

材料5つだけ!包丁もまな板いらない「レンチン味噌汁」レシピ

材料5つだけ!包丁もまな板いらない「レンチン味噌汁」レシピ

■材料 (2人分)
・なめこ 1パック
・豆腐 1丁(3連パック)
・乾燥ワカメ 小さじ2
・味噌(だし入り) 大さじ2
・水 300ml

■作り方
① 耐熱容器に全ての材料を入れる。豆腐はスプーンですくって一口大の大きさに。
② 電子レンジ(600W)で2分半~3分ほど加熱する。容器を取り出し、よく混ぜて味噌を溶いたら出来上がり。

★ポイント
・だし入り味噌汁を使うのは、ダイエットには抵抗があるかもしれません。でも、ダイエットには、痩せる栄養素を含む食材を身体に入れていくほうが、優先順位が高いです。手を抜けるところは手を抜いて、継続第一で味噌汁ダイエットを試してみてください。

・豆腐は包丁を使わずスプーンですくって、耐熱容器に入れてください。

・1人分を作るときは半量にしてください。加熱時間は1分~1分半。具材は多めに入れてもOKです。

・時間のあるときは、だし入りではない味噌を使い、5㎝カットの昆布1~2枚入れてください。
*昆布を入れたら沸騰させないように注意。

痩せ力アップ!味噌汁にプラスしたい万能食材 ベスト3

痩せ力アップ!味噌汁にプラスしたい万能食材 ベスト3

味噌汁は何をいれても美味しいですが、以下の食材を組み合わせると効果がアップ。好みでアレンジしてみてくださいね。

★ベスト1 昆布
昆布には、鉄分や銅、亜鉛といったミネラルが多く含まれます。鉄と銅は、貧血の改善に、亜鉛は、食欲を抑えるレプチンを増やしたり、代謝に必要な酵素の原料になると言われています。昆布のアルギン酸は、腸で、脂肪やコレステロールを吸着して排泄してくれます。

★ベスト2 梅干し
梅干し含まれる梅ポリフェノールは、血流をよくして、血管の老化を防ぎます。酸っぱい成分、クエン酸は、細胞の新陳代謝を促し、アンチエイエジングの強い味方になります。

★ベスト3 えのきだけ
えのきだけには、脂肪を包み込んで排出するキノコキトサンが含まれます。さらに内臓脂肪を減少させるエノキタケリノール酸を含みます。

その他には、すりごま、納豆、めかぶ、三つ葉、刻みねぎ、大葉、など。

≪痩せる食材マメ知識!≫
ダイエットを成功させるためには、腸を整えることが大切です。 腸内の善玉菌のえさになる食物繊維に発酵食品を合わせると、善玉菌が元気になり、痩せやすい腸の環境を作ってくれます。
食物繊維には、水溶性と不溶性の2種類があります。腸を整える水溶性食物繊維と、便のかさを増し毒出し効果もある不溶性食物繊維。この2つをバランスよく摂ることが大事です(理想は水溶性1:不溶性2の割合)。

・なめこやワカメには 不溶性食物繊維に加え、水溶性食物繊維も含まれます。 なめこのぬめりの正体、ムチンは水溶性食物繊維の一種で、タンパク質の吸収を助け、腸の働きを整えます。

・豆腐に含まれる大豆レシチンやビタミンB群は脂肪を効率よく減らす作用があると言われています。

フードエッセイスト/藤井香江

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
AUTHORs JAPAN BEAUTYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。