体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

脂肪の分解に着目したトクホ『特茶 ジャスミン』発売記念! 夏に飲みたいペットボトル茶4種飲み比べ

サントリーの「特茶」ブランドから、夏にぴったりの爽やかなお茶『特茶 ジャスミン』が6月6日に新登場! 今回、発売前にメーカーから入手できたので「体脂肪を減らすのを助ける」効果に期待しつつ、その香りや味わいを検証し、同社の「伊右衛門」や他の特茶との飲み比べも行ってみた!

トクホ史上初、体脂肪を減らすのを助ける「特茶」とは?

現代人の食生活は、常に脂肪の摂取との戦いである。特に夏は薄着になるので、老若男女問わずお腹ぽっこりや二重アゴ、二の腕など気になりだしたら止まらない。産後太りが抜けきらない記者にとって、ただの水分補給でさえ脂肪になるのではないかと疑ってしまうほど。そんな私たちにとって頼もしい味方が「トクホ」のお茶である!

サントリーの「特茶」は、体についた脂肪を分解・消費しやすくするトクホ飲料。「脂肪の分解」に着目した、トクホ飲料史上初めてのお茶だ。”トクホのお茶といえば特茶”というイメージを持っている人も多い。実は脂肪に働きかけるトクホ飲料には二種類あり、「特茶」のように体についた脂肪を分解・消費しやすくするものと食事の脂肪を吸収しにくくするものがある。

 

この二種類は似て非なるもの。食事の脂肪を、となると食事と一緒に飲むことが効果的とされるが、「特茶」の場合は飲むタイミングをはかる必要がない。体のケアをしたいと思ったらすぐ、仕事や家事・育児の合間にでも、おでかけしているときにでもOK。いつでもどこでも脂肪対策が行えるのだ。

 

新発売『特茶 ジャスミン』は、特別な茶葉を使用!

サントリー『特茶 ジャスミン』(500ml・希望小売価格 税抜170円・2017年6月6日発売)は、ジャスミン茶葉を中心に緑茶をブレンドした新フレーバー。

「特茶」同様、脂肪分解酵素を活性化させる働きがある「ケルセチン配糖体」を配合したジャスミン茶だ。この「ケルセチン配糖体」はポリフェノールの一種で、たまねぎやブロッコリーなど身近な野菜・果物にも含まれている。植物由来なので安心!

 

『特茶 ジャスミン』は、特級・一級のジャスミン茶葉を中心に使用。ジャスミンは中国語で茉莉花茶といい、香りは甘く、人の気分を明るくする作用があるとされている。日本ではめずらしくもないが定番といえるほどでもなく、女性を中心にコアなファン層を確立している。このジャスミン茶葉に加えて、京都の老舗茶舗「福寿園」の茶匠が厳選した国産緑茶がブレンドされている。芳香剤の味がする、と苦手意識を持っている人も多いせいか、ジャスミン茶と緑茶をブレンドすることで飲みやすい味に調整されているようだ。

 

さて気になる『特茶 ジャスミン』の香り・味わいは?

『特茶 ジャスミン』がどんなお茶なのか、実際に飲んで確かめてみよう!

サントリーには『特茶 ジャスミン』のほかにすでに「伊右衛門 ジャスミン」が販売されているが、あえて「特茶」シリーズのジャスミン茶を発売するところに女性へのアプローチを感じる。パッケージのキーカラーはエメラルドグリーンで、中央にはジャスミンの白い花のイラストがあしらわれている。夏らしい爽やかさが好印象。

1 2 3次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。