ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

触って動かして、そして学ぼう!ソニーから子ども向けインタラクティブ玩具「toio」がデビュー

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
toio_1発足以来、革新的な製品とサービスを世に送り続けるソニーの「Seed Acceleration Program」。今回新たに発表されたのは、子ども向けのインタラクティブ玩具「toio(トイオ)」。

発想源は、自分のアイディア。実際に手を動かしながら、工作やゲーム、プログラミングなどさまざまな遊びを楽しめる。

・組み合わせ次第で何通りもの遊びが楽しめる

toio_2セットの基本は、カートリッジ差し替え用の「toioコンソール」とコントローラーになるリング、モーター内蔵のキューブ型ロボット「toioコアキューブ」の3つ。これらの組み合わせによって、多彩な楽しみ方を創出するのが本品の主旨だ。

例えば、「toioコアキューブ」なら、レゴブロックとのコラボが可能。好きな形をブロックで作り、キューブの上にのせれば、オリジナルロボットの完成だ。

・パートナー企業によるカートリッジも発売予定

toio_3カートリッジは、ソニーのオフィシャルタイトルだけではなく、多くのパートナー企業より発売される予定。現時点で公表されているのは、「toioコレクション」と、「工作生物 ゲズンロイド」。前者では、文具で工作して戦う「クラフトファイター」や、シューティング、パズル、チェイス、スポーツなど、5種類の遊びを提供。自分で作ったロボットでバトルしたり、制限時間内で指令をクリアする、プログラミングベースのゲームなどがある。

後者では、「ピタゴラスイッチ」や「コんガらガっち」でおなじみのクリエイター集団ユーフラテスによる工作生命キット。切った紙で簡単に工作した後、動きのプログラムを注入すると、紙の生命体が動き出す仕組みだ。

初回限定セットは、すべて完売。現在購入できるのは、通常セットのみとなる。価格は、基本セットが2万8037円と2万9117円、全部セットで3万2335円(税込)。いずれもソニーのECサイトFirst Flightで、予約受け付け中。

toio/First Flight

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。