ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

間接照明にも、リビングライトにもなる「inMOOV」が素敵。

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
間接照明にも、リビングライトにもなる「inMOOV」が素敵。

ちょっとした照明の使い方で、部屋のムードはがらっと変わるもの。とくに間接照明は光を和らげて、一日の終わりを彩ってくれる和やかなものです。

こちら、ドイツ発の「inMOOV」は、リビングライトと間接照明の機能を持ち合わせるペンダントライト。

ひとつ二役で
部屋を彩る

間接照明にも、リビングライトにもなる「inMOOV」が素敵。

「inMOOV」は、三角形のパネルで構成。ブラインドのひもを引っ張る要領で傘を開くと天井が照らされて間接照明になり、閉じるとテーブルの下が照らされリビングライトになる、という仕組み。

天井を照らす間接照明型のペンダントライトはありますが、シェードの形を変えることで照らす方向を変えるという発想は、目からウロコ。間接照明にも、リビングライトにもなる「inMOOV」が素敵。

間接照明にしたときに、シェードが反射した光が層になって柔らかく天井に広がっていく様は、まるで光のオリガミが展開していくよう。

たとえば「inMOOV」のシェードを閉じた状態で食事したあと、ゆっくりお酒でもというときはシェードを開いて間接照明にすることでリラックスモードに、なんていう使い方ができそうです。

「和モダン」も感じさせる
たたずまい

間接照明にも、リビングライトにもなる「inMOOV」が素敵。

デザインは「Studio Nina Lievens」によるもの。2016年には、ヨーロッパのプロダクトデザイン・アワードで金賞を受賞しています。

花が咲く様子やクラゲの動きからインスパイアされたそうですが、ドイツ生まれでありながら、そのたたずまいはどこか和モダンを感じさせます。とくにシェードの折り目は、下から覗くとまるで日本の「蛇の目傘」。

ホワイトとブラック
どっちを選ぶ?

間接照明にも、リビングライトにもなる「inMOOV」が素敵。間接照明にも、リビングライトにもなる「inMOOV」が素敵。

色はブラックとホワイトの2色展開で、光源となるLEDは全光束1,200lm(80W相当)で色調も自在。閉じた状態で3,500K、開いた状態で2,500K。価格は€1,311.48(約16万円:税・送料別)。

シチュエーションに合わせて、うまく使いこなしてみては?Licensed material used with permission by Studio Nina Lievens

関連記事リンク(外部サイト)

「月」をそのまま照明にした、インテリアが美しい
ソーラー式の間接照明「Ellum Solar」 コンパクトで便利そう!
【未来のインテリア】スピルリナが増殖する照明器具がスゴい!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。