体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

空港での「トランジット難」を解決する、出来すぎカプセルホテル

空港での「トランジット難」を解決する、出来すぎカプセルホテル

世界の空の旅に新たな選択肢をもたらしたローコストキャリア(LCC)の台頭で、格安旅行の醍醐味は増した。

コストパフォーマンスを考えれば、機内食の削減も、手荷物の制限にも目をつむれるけれど、意外と気になって仕方ないのが乗り継ぎの悪さだったりするのは、僕だけだろうか。旅程とうまいこと合えばいい、が場合によっては10時間近いトランジットを余儀なくされることも。

そんなとき、Wi-Fiポイントにアリのように群がるか、硬い椅子に横たわって、ただ時間を潰すくらいならば、こういうアイデアがもっと出てきてもいいんじゃないかな。

乗り換え時間の長さを
逆手にとった宿泊施設
「Bed & Boarding」

空港での「トランジット難」を解決する、出来すぎカプセルホテル空港での「トランジット難」を解決する、出来すぎカプセルホテル

ナポリ・カポディキーノ国際空港に新設された、リフレッシュルームとホテルのちょうど中間をいくカプセル型の宿泊施設がこちら。24時間365日、使いたいときに利用できる、その名も「BenBo」。意味はBed & Boardingから来ているらしい。

なんでも、日本のカプセルホテルに着想を得て、こぢんまりした1人用のハコを意識したんだそう。ところが独立したユニット型の個室は、本家のそれと比較しても明らかに大きく、楽チンそう。

がすごかった。あらゆる旅行者(なかでもお金をかけずに空の旅を楽しみたい層)のニーズを叶えるべく、室内も、共有スペースも、ゴキゲンなファシリティが整っている。空港での「トランジット難」を解決する、出来すぎカプセルホテル

仮眠もシゴトもイケる
「カプセル」を超える汎用性

空港での「トランジット難」を解決する、出来すぎカプセルホテル カードキーをかざすと自動で扉がオープン、両手に荷物の旅行者にちょっとうれしい心づかい。壁はすべて防音壁だそう。空港での「トランジット難」を解決する、出来すぎカプセルホテル空港での「トランジット難」を解決する、出来すぎカプセルホテル

室内はベッドだけにあらず。

落ち着いた空間で作業したい人のニーズにも合わせ、無線LANだけでなく、ドッキングステーションや、リクライニングテーブルを完備。さらには、フライトスケジュールを逐一チェックできるボーディングボード、アラームクロックと、これなら乗り遅れる心配も無用だろう。

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会