ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

誰にも知られず追跡できる!世界最小サイズのGPSトラッカー「Magpie」がお目見え

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

magpie_1縦横38.5 ミリメートル、厚さ9.3ミリメートル。極小サイズのスクエア型GPSトラッカー「Magpie」がKickstaterに登場。目標の7倍以上の金額を調達し、話題を集めている。

ウリは前述のとおり、その大きさ。ゲームの駒と見紛いそうなこのサイズは、現在のGPSデバイス市場では世界最小となる。

・目立たず、どこにでも取り付けられる!

magpie_2フックやクリップで、どこにでも取り付けられるのも本品の利点。キーホルダーのように目立たず、あらゆるアイテムにフィットする。

使い方は、いろいろ。子どもの位置情報確認や旅行バッグや財布の盗難防止、迷子になりがちなペットの首輪に付けておくのもいい。対象となる人や物が所定の位置から動けば、内蔵された加速度機能が、即警告を発する仕組みだ。

・軽くて丈夫、コスパもよし

magpie_3設定は専用アプリで。起動後、本体と同期させればすぐ使用できる。対応範囲は広く、185か国をサポート。長距離追跡が可能な上、世界のどこにいようとトラッキングできるのも、このプロダクトの大きな特長だ。小さいながらも丈夫で、防水機能もバッチリ。1回の充電で3か月持つという、コストパフォーマンスの良さもうれしいところ。

Kickstarterでの評判は上々。1か月限定ユースのお試しセット(約550円)は特に人気が高く、多くのユーザーがオーダーしている。ちなみに1年間使える標準タイプのパッケージは、49ドル(約5400円)から。申し込みは6月29日までなので、お早目に。

Magpie/Kickstarter

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。