体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【最強グルメ】2017年も最強の秋田名物「生グソ」の販売開始! 夏だけ食べられる秋田市民の神スイーツ生グソ

akita-namaguso3

秋田名物といえば、きりたんぽ、たいあん弁当、比内地鶏、稲庭うどん、金萬、とんぶり、餃天の赤餃子、しょっつる鍋など複数あるが、忘れてはならないのが「生グソ」の存在である。

・凄まじいカリスマっぷり
生グソはスイーツ店「光栄堂」(秋田県秋田市南通みその町6-21)で夏だけ販売されている、秋田でもっとも有名なスイーツのひとつで、秋田市の中高生やOLの憩いの場となっており、なかでも女子高生から強く支持されており、「秋田市の女子高生で生グソを食べたことがいない女子はいない」と言われているほどのカリスマっぷり。

akita-namaguso13

・多くの生グソニストが集まる
2017年は5月下旬から生グソの提供が開始され、生グソを求めて多くの生グソニストたちがお店に駆けつけている。日中は行列ができるほどの大繁盛。

そんな行列を避けるべく、開店時間の10:00を狙って行くと空いていて快適にな生グソを堪能できる。

akita-namaguso5
akita-namaguso4
akita-namaguso9
akita-namaguso8
akita-namaguso7
akita-namaguso6

・女子高生たちは略して生グソと呼ぶ
そもそも生グソとは何か? 生のグレープフルーツの果実をざっくりと切り、皿の底に盛り付け、特殊なシロップで甘さを強調。

そこに純白のカキ氷をたっぷりと盛り、さらにソフトクリームをのせる。それが生グソだ。正式名称は「生グレープフルーツソフトクリーム」だが、女子高生たちは略して生グソと呼んでいる。

akita-namaguso3
akita-namaguso2
akita-namaguso1

1 2次のページ
バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy