体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「Perfume FES!!2017」が名古屋&大阪で追加公演決定、今秋にニューシングル発売も

「Perfume FES!!2017」が名古屋&大阪で追加公演決定、今秋にニューシングル発売も

Photo by 西槇太一(Taichi Nishimaki)
Perfumeが企画する対バンライブイベント「Perfume FES!!2017」が、6月2日・3日に千葉・幕張メッセ国際展示場にて開催された。

このライブはメンバーの発案で対バン相手となるアーティストを選び、彼女たちが自ら出演オファーをかけるというもの。2013年に初開催されて以来、各地でさまざまなアーティストとのライブが繰り広げられた。

またこの公演は、Perfumeとゲストアーティストによるコラボパフォーマンスも見どころの1つ。今年は6月2日の「前夜祭」に電気グルーヴ、3日にチャットモンチーが出演するということで、どのようなライブになるのか大きな期待が集まっていた。

<6月2日 オフィシャルライブレポート>
photo by 上山陽介(Yosuke Kamiyama)
電気グルーヴは初日に出演し、最新アルバム「TROPICAL LOVE」の収録曲を中心に、彼らの最新のモードを表すような楽曲をノンストップでプレイ。次々に繰り出されるアッパーなトラックに、広い会場いっぱいに入ったオーディエンスが思わず体を揺らす。

途中、ピエール瀧の呼び込みでトミタ栞が登場。ゲストボーカルとして、「プエルトリコのひとりっ子」と「いちご娘」をマッシュアップした「いちご娘はひとりっ子」に参加した。LEDに映る派手な映像には時折Perfumeネタが散りばめられ、Perfumeのファンも大喜び。「Baby’s on Fire」「N.O.」といった人気曲も披露され、大盛り上がりの中でライブは終了した。

photo by 上山陽介(Yosuke Kamiyama)
初日のPerfumeは、美しいライティングに彩られながら「TOKYO GIRL」「FLASH」などをセンターステージでパフォーマンス。「いじわるなハロー」「宝石の雨」といったレア曲でファンを喜ばせ、攻撃的なサウンド「GAME」でオーディエンスを圧倒した。

Photo by 西槇太一(Taichi Nishimaki)
Photo by 河本悠貴(Yuki Kawamoto)
Photo by 河本悠貴(Yuki Kawamoto)
のっちはこの日のライブについて「本当に憧れの、憧れていいのかもわからないくらいの孤高の存在、電気グルーヴさんとの対バンということで、今日は非常に興奮しています!」と喜びを露わに。またあ〜ちゃんは、まだ学生だった2004年に初めて観た電気グルーヴのライブについて「ステージ上でずっとおじさんがセグウェイに乗ってふざけてて、これでステージが成り立つっていうのが衝撃だった」と振り返りつつ、電気グルーヴへのリスペクトを口にした。

Photo by 河本悠貴(Yuki Kawamoto)
電気グルーヴのヒット曲「Shangri-La」を流しながら、かしゆかとのっちが曲に合わせて踊り、あ〜ちゃんはミニセグウェイに乗ってステージを走り回った。

その後「Puppy love」で一旦ライブを締めくくったPerfumeだが、あ〜ちゃんが「ここで終わりなんですけど、電気グルーヴさんと一緒に何かできないかギリギリまで考えていたので、終わりの時間をフワッとさせてたんです」と話し、この時間を使ってもう1曲歌うことを提案。最後に急遽スタートした「チョコレイト・ディスコ」は、予定外だったため映像などの演出もなく照明もシンプルではあったが、会場中に一体感が生まれ大きな盛り上がりになった。

<6月3日 オフィシャルライブレポート>
photo by 上山陽介(Yosuke Kamiyama)
2日目の対バン相手となったチャットモンチーは、橋本絵莉子と福岡晃子それぞれがさまざまな楽器を操りながら2人だけでライブを敢行。シンセ2台の“メカットモンチー”編成による「恋の煙」「隣の女」や、シンセを肩に担いでハンドマイクでラップしたスチャダラパーとのコラボ曲「M4EVER」、センターステージに椅子を置いてアコギとベースで歌った「いたちごっこ」など、多彩な演奏で観客を楽しませた。

その後、エレキギターとドラムという編成でPerfumeのカバー「TOKYO GIRL」が披露されると、会場から大きな拍手が。福岡は「私たちもPerfumeが好きだってことがわかってもらえたと思います」と言って笑った。以降は橋本がシンセとギター、福岡がドラムという編成でロックなステージを次々に展開。ラストに福岡がベースを弾いて「シャングリラ」を演奏し、2人のエネルギッシュなステージは幕を下ろした。

photo by 上山陽介(Yosuke Kamiyama)
続いてPerfumeが登場するのかと思いきや、ステージに現れたのはサプライズゲストの渡辺直美。Perfumeと同様に世界を舞台に活躍する彼女が、ビヨンセの「クレイジー・イン・ラブ」などに合わせて挑発的に腰を振り、会場を埋め尽くすオーディエンスを圧倒した。ダンスを終えた彼女がステージを去ると、フロアからどよめきが起こった。

1 2次のページ
Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会