ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

「海南神社」に参拝して三崎港でマグロを楽しむ! 都心から行けるおすすめ小旅行

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

120326kainan.jpg

都心から休日に出掛けるのにぴったりな場所の1つ、神奈川県三浦市にある海南神社

神奈川県三浦市の三崎港の近くにあります。

三崎港はマグロで有名。どのお店に入れば良いか迷うほど飲食店も数多く並びます。

また、三崎フィッシャリーナ・ウォーフ(愛称:うらり)という旬の魚介類やお土産物などを扱う施設もあり、見ているだけでも楽しくなります。買い物したくなる衝動も抑え切れません……。

そして、海南神社は海から10分ほど歩いたところにあります。
 
御祭神は、相模国三浦総鎮守である藤原資盈(ふじわらのすけみつ)公とその妃、盈渡姫(みつわたりひめ)です。

重要無形民俗文化財であるチャッキラコという、女の子たちが踊りを奉納する小正月の伝統行事も有名。神社内には、食の神様である磐鹿六雁命(いわかむつかりのみこと)の大きな絵が飾られています。

海に近い神社だけあり、海上安全、大漁祈願のご祈祷も行われています。ヨットに乗る人や漁師さんなど、海に関わる方の信仰が深いそうです。

また、ご神水、神砂があり、容器を持っていけば社務所でお水を汲んでくださるそうです。

海南神社へ向かう道は、昭和を思わせるような懐かしい風景。気持ちが優しくなります。

海南神社へは、京急久里浜線三崎口駅からバスで20分ほど。バスは10分に1本ほど出ているので、公共交通機関でも安心していくことができます。

海の方に出ると城ヶ島が見えます。時間があればこちらにも足を伸ばしてみるのも良いですね。 

海南神社ホームページ

(伊藤緑)


(マイスピ)記事関連リンク
地震除けの「なまずさん」が迫力ある佇まいで鎮座する「雷電神社」
もっと美人になれますように! 恋愛成就で有名な神社で最近人気の「美人祈願絵馬」
幸運度もアップ!? 生姜&糀(こうじ)パワーの合わせ技ドリンク「神社エール」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。