ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

iKON、「a-nation stadium fes. 2017」に2年連続出演決定 BLACKPINKも同日に初出演

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
iKON、「a-nation stadium fes. 2017」に2年連続出演決定 BLACKPINKも同日に初出演

今年で16年目を迎え、これまで延べ560万人以上を魅了してきた国内最大級夏フェス「a-nation」。日替わりの豪華ヘッドライナーによる、ジャンルの垣根を越えた「a-nation」が今年も「a-nation stadium fes. 2017」として8月26日・27日に東京・味の素スタジアムにて開催される事が発表され、8月27日にはiKON(アイコン)が2年連続で出演する事が決定した。

また、今年8月9日に遂に日本デビューを果たす、アジアに舞い降りた”次世代ガールクラッシュグループ”BLACKPINK(ブラックピンク)の同日出演もあわせて発表された。なお、BLACKPINKの同イベント出演は今回が初となる。

2016年末の「第58回 輝く!日本レコード大賞」にて最優秀新人賞を受賞した、BIGBANGの系譜を継ぐ次世代モンスターグループ、iKON(アイコン)は、YG ENTERTAINMENTが企画したサバイバルTV番組「WIN:Who Is Next」(2013年放送)、「MIX & MATCH」(2014年放送)より輩出された、7人組ボーイズグループ。日本オリジナルシングル「DUMB & DUMBER」がオリコンウィークリーCDシングルランキング1位獲得したことをはじめ、日本の音楽チャートでも軒並み上位にその名を連ね、2016年デビューの新人アーティストとしては最多となる年間32万2,000人を自身のライブツアーで動員。2017年に入ってからは海外アーティストの本国デビューから史上最速となる1年9ヶ月での日本ドームツアー「iKON JAPAN DOME TOUR 2017」を開催し、ツアーファイナルを6月17日埼玉・メットライフドームで迎える等、今ノリに乗っている彼等の2回目となる「a-nation stadium fes.」のステージは必見だ。

そして、BLACKPINKはiKON同様BIGBANG擁するYG ENTERTAINMENTに所属する4人組ガールズグループ。「アジアに舞い降りた”次世代ガールクラッシュグループ”」とも形容され、全世界で大きく注目を集めている彼女達は、先日8月9日の日本デビューと、デビュー前の7月20日には、初来日公演にして海外新人アーティストとしては極めて異例となる日本武道館におけるデビュー記念ショーケース「BLACKPINK PREMIUM DEBUT SHOWCASE」の開催を発表し、同公演のチケット申込が販売開始とともに殺到する等、日本国内での注目度と人気の高さが大きな話題となっている。そんな彼女達が、こちらも先日発表されたばかりの9月2日「マイナビ presents 第25回 東京ガールズコレクション2017 AUTUMN/WINTER」、9月3日「KOBE COLLECTION 2017 AUTUMN & WINTER」ダブル出演に先んじてこの度「a-nation stadium fes.」への初出演が決定。今最もホットなニューカマーアーティストである彼女達の初となる日本の夏フェス出演ということで、iKONと並び大注目のステージとなりそうだ。

なお、iKON/BLACKPINKはそれぞれ8月に待望の日本での新作発表を控えており、iKONは8月16日に約10ヶ月ぶりのリリースとなる日本オリジナルミニアルバム「NEW KIDS:BEGIN」、BLACKPINKは日本デビュー作品となるミニアルバムを8月9日にリリースすることが発表されている。

公演情報
a-nation 2017
2017年8月26日(土)東京・味の素スタジアム
ヘッドライナー:AAA
超特急 / Da-iCE / EXILE THE SECOND / EXO / lol-エルオーエル- / 三浦大知 / NCT 127 / ピコ太郎 / Red Velvet and more…
※アルファベット順
2017年8月27日(日)東京・味の素スタジアム
ヘッドライナー:浜崎あゆみ
BLACKPINK / ET-KING / GENERATIONS from EXILE TRIBE / iKON / MY FIRST STORY / TRF / VAMPS and more…
※アルファベット順

関連リンク

iKON オフィシャルサイトhttp://ygex.jp/ikon/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。