ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

タオ島在住者がおすすめする、人気の絶品レストラン8選

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
タオ島在住者がおすすめする、人気の絶品レストラン8選

タオ島といえばダイビングが有名ですが、ダイビング後の食事やお酒も楽しみの一つ!

島内にはもちろん沢山のレストランがあるのですが、今回はそこから人気の8つのレストランをピックアップしてご紹介致します。

 

1.島の住人なら誰でも知っている、絶品タイ料理店「Yang」

タオ島在住者がおすすめする、人気の絶品レストラン8選

photo by Yuichi

夜になるとタオ島長期滞在の欧米人だらけになり、まるで食堂の様なこのレストラン。基本的にメニューはTheタイ料理です。味付けがしっかりしており、野菜などの具もたくさん。

お手頃値段でお腹いっぱい食べられます!

タオ島在住者がおすすめする、人気の絶品レストラン8選

photo by Yuichi

こんな看板が出ています。看板は少し見つけずらいですが、大きめの木造の建物と大量に止まっているバイクが目印です。

タオ島在住者がおすすめする、人気の絶品レストラン8選

photo by Yuichi

こちらはマッシュルームとエビの炒め物。特徴としては他のレストランより具が多くて大きめです。その分食べ応えがあり、満腹感があります◎

 

2.The タオ島なファイヤーショーを見るなら「Lotus bar」

タオ島在住者がおすすめする、人気の絶品レストラン8選

photo by Yuichi

「タオ島 ナイトライフ」で画像検索すると、まず目に止まるのがファイヤーショーかと思います。メインビーチであるサイリービーチでは毎日写真の様なファイヤーショーが行われており、一番盛り上がっているのがこの「Lotus bar」です。

寝っ転がれるクッション(通称三角まくら)に体を委ねて、音楽とショーをビール一本の値段で楽しめちゃいます。

タオ島在住者がおすすめする、人気の絶品レストラン8選

photo by Yuichi

机の上にはこんな落書きが。

Stephan Wagnerさん(@stephanjwagner)がシェアした投稿 – 2017 5月 7 1:50午前 PDT

この横に伸びるヤシの木は、よくタオ島を紹介する写真などでも使われています。そしてここから見える夕日も最高です!

少しバックパッカーな雰囲気も残る、おすすめなバーです。

 

3.島で一番安くて美味しい「Tukta」

タオ島在住者がおすすめする、人気の絶品レストラン8選

photo by Yuichi

貧乏タオ島在住者の強い味方なのが、こちらの「Tukta」。何と言っても、一皿55バーツ(約180円)でお腹いっぱいになれるメニューを提供してくれます!

バンコクなどから比べたら少し高めですが、都市と比べると物価が高騰しているタオ島では圧倒的な安さなんです。

タオ島在住者がおすすめする、人気の絶品レストラン8選

photo by Yuichi

僕の一番のお気に入りがこちら。「Rice with basil and leaf」ですが、要はガパオです。とてもシンプルですが、ちょっと辛めの味付けとご飯が相性バツグンです。

 

4.港前のおいしいイタリアン「cafe del sol」

タオ島在住者がおすすめする、人気の絶品レストラン8選

photo by Yuichi

こちらは港で船をおりたすぐの所にある、ちょっと小洒落たイタリアンレストランです。

タオ島在住者がおすすめする、人気の絶品レストラン8選

photo by Yuichi

「cafe del sol」という青い看板が目印。この近辺には沢山のレストランが立ち並びますが、雰囲気や料理の質を比べてもこのお店はオススメです。

少し値段は他のタイ料理と比べて上がりますが、その分この島に少ない絶品のイタリア料理が味わえます。

A post shared by Suni (@sunisa1623) on Apr 7, 2017 at 8:20am PDT

タオ島到着後にすぐにレストランに行きたい時や、フェリー待ちまで時間がある方にオススメです!


関連記事リンク(外部サイト)

空で!暗闇で!猿と!ロボットと!海外にある面白いコンセプトのレストラン7選
富士山を眺めながらシェフ特製スイーツが楽しめる「富士山ビュー特急」が登場
デンマークの代表的な料理8選
香草が苦手な人にもオススメなタイ料理12選

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。