ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

渡部建が「行ってほしくない」と絶賛する塩マニアの店

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

渡部建が「行ってほしくない」と絶賛する塩マニアの店
J-WAVEで放送中の番組「GOLD RUSH」(ナビゲーター:渡部建)のワンコーナー「HUNGRY OUT」。6月2日(金)のオンエアでは、世田谷区・三宿から、先日恵比寿に移転オープンした人気店「セルサルサーレ」を紹介しました。

スタジオには店主の濱口昌大さんにお越しいただき、話を伺いました。料理の食材はもちろん、塩にこだわる“塩マニア”のシェフのお店として人気の「セルサルサーレ」。フランス、スペイン、イタリアのそれぞれの言葉である「塩」をつなぎ合わせた店名で、「全部塩」という意味が込められているそうです。

ベースはイタリアンですが、濱口さんがヨーロッパで修行していたときに感銘を受けたというフランス料理、スペイン料理の要素も入っているとのこと。

実は、渡部も以前に訪れたことがあるそうで、「もうこれは絶対に入れなくなるな」と思ったほどだとか。「値段設定含めて、料理のバランスとか、アイデア…お塩の使い方もそうですけど、ちょっと衝撃を受けて。今日も番組スタッフに打ち合わせで『即行った方がいいよ』って言ったくらい」(渡部)と大絶賛!

そもそも濱口さんが塩にこだわるようになったきっかけは、「料理を考えていくうえで、口の中に残る時間をよく考えるようになりまして。その時間軸で見たときに、やっぱり、塩の口に残る時間が5秒だったり、10秒だったり、15秒だったり、それぞれ変わってきてるなって感じて。じゃあ、食材と塩の余韻を合わせるところから考えないと」と、塩へのこだわりを語った濱口さん。

そんな濱口さんの作るコース料理には、20から30種類の塩が常に使われています。コース料理は基本的に10皿なのですが、食材によって塩を使い分けているので、そのくらいの数の種類になってしまうようです。ちなみに濱口さんは作っているうちにテンションが上がってしまい、13〜14皿出して「多すぎる」とクレームを受けることもあるそう(笑)。

今回は、スタジオに一品お持ちいただきました。オープン時から定番で出しているという「エスプレッソの食パンの上に乗せたフォアグラのブリュレ」。なんと渡部が食べたコース料理の中で一番美味しいと思った一品だとか! エスプレッソを練りこんだ食パンをトーストして、その上にデザートのような甘みを持たせた、ブリュレ状にしたフォアグラが乗せられています。

さらに、エスプレッソの食パンには瀬戸内海の藻塩、フォアグラには甘さを引き立てる自家製のバニラの塩が混ぜられています。さっそく一口いただいた渡部の感想は…

「最高ですね、これ。まずパンが本当にうまいですよね。ファオアグラも甘さは立つんだけど、くどさがない。いくらでも食えそう。めちゃくちゃうまい!」

とにかく塩にこだわる絶品料理が味わえるお店「セルサルサーレ」。渡部は「みなさんに一回経験してほしい」と言いつつ、「あんまり行かないでほしい(笑)」と本音を漏らしていました。予約が取れなくなる前にぜひ。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「GOLD RUSH」
放送日時:毎週金曜 16時30分−20時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/goldrush/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。