ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

海絶景、人気パワースポット…。海女の町・相差で寄りたい観光スポットまとめ【三重】

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
海絶景、人気パワースポット…。海女の町・相差で寄りたい観光スポットまとめ【三重】 千鳥ヶ浜

三重県伊勢志摩地方の鳥羽駅から車で40分。

海沿いにある南鳥羽相差は日本一海女さんの多い町。

漁師と海女さんの夫婦で民宿を営んでいる宿も多く、豪華な海鮮がお値打ちにおなかいっぱい味わえると人気の観光地なんです。

海鮮グルメももちろん人気なんですが、今回は行ったら寄りたい観光スポットをご紹介。

白い砂浜が美しいビーチや、女性の願いをひとつだけ叶えてくれるという人気のパワースポット、海女さんのお土産など、ここでしか見られない風景、体験がいっぱい!

伊勢神宮やサミットで話題になった志摩にも近いのでぜひセットで訪れてみてください♪

記事配信:じゃらんニュース

千鳥ヶ浜

淡いブルーの海に白砂の美景ビーチ。

千鳥ヶ浜

全長800mの白い砂浜は、鳥羽随一の美景ビーチ。

夏は海水浴客で賑わいますが、春~初夏は人気のない穏やかなビーチを独占することができます。

比較的遠浅なので、海水の透明度もバツグンです。 千鳥ヶ浜(ちどりがはま)

TEL/0599-33-6411(相差観光協会)

住所/鳥羽市相差町片ノ浜

「千鳥ヶ浜」の詳細はこちら

鯨崎遊歩道

伝説のある岬にも隠れたパワースポットあり。

1704_tokai_minamitoba_2_005-1

鯨が観音様を背に乗せてやってきたという言い伝えのある鯨崎。

遊歩道でめぐることができ、所要時間は1時間程。

途中、子宝に恵まれるという恋路ヶ浜、漁師の守り神「べらいさん」の祠もあります。 鯨崎遊歩道(くじらさきゆうほどう)

TEL/0599-33-6411(相差観光協会)

住所/鳥羽市相差町鯨崎

「鯨崎遊歩道」の詳細はこちら

梵潮寺

樹齢700年以上、運気アップの大ソテツ。

梵潮寺

鎌倉時代に後醍醐天皇の勅願により創建。

境内の樹齢700年以上の大ソテツは、毎年株を増やすことから長寿・子孫繁栄のソテツとして親しまれています。

運気をあげたい人は見てパワーをもらいに行ってみては? 梵潮寺(ぼんちょうじ)

TEL/0599-33-6101

住所/鳥羽市相差町1241

「梵潮寺」の詳細はこちら

石神さん(神明神社)

女性の願いをひとつだけ。必ず訪れたい場所。

石神さん

「女性の願いを1つは必ず叶えてくれる」と言い伝えのある神明神社の末社で、相差の海女さんたちが大漁と安全を祈願する場所。

セーマンドーマンの印と、相差の文字が入ったお守りもあります。 石神さん

TEL/0599-33-7453(石神さん奉賛会)

住所/鳥羽市相差町1237

「石神さん」の詳細はこちら

菅崎園地

太平洋が広がるパノラマの景色。

菅崎園地

鳥羽の最南端、太平洋と的矢湾を一望するパノラマの景色。

道中は狭い道をひたすら走らせ不安になりそうですが、ついた途端、来てよかったと思うはず!

夕日も美しいと評判の絶景スポットです。 菅崎園地(すげさきえんち)

TEL/0599-33-6411(相差観光協会)

住所/鳥羽市相差町鯨崎

「菅崎園地」の詳細はこちら

「海女の家 五左屋」で見つけた相差みやげ

ところてんで有名な「海女の家 五左屋」で相差ならではのお土産を発見!

自分用にも買いたい!

あらめ

あらめ 200円

相差の特産・あらめ。水で戻してドレッシングをかけたり、酢の物で食べるのが◎。

がーぜはんかち

がーぜはんかち 350円

海女の魔除けのおまじない「セーマンドーマン」の印入り。五左屋オリジナルです。

香りの石いかり

香りの石いかり 1545円

海女さんが素潜りのオモリに使う石いかりを置物に。五左屋オリジナルです。

フォトスポットがいっぱい!

無人販売店 石神さん参道で見つけた無人販売店。何があるかな?石 いかり 海女さんの自宅前には石いかりが置いてあります相差 海女文化資料館 入場無料の「相差海女文化資料館」。観光協会もココに顔ハメ

「相差海女文化資料館」の前で顔ハメ発見!

※この記事は2017年3月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

日本一の海女の町!海鮮グルメに海絶景♪鳥羽・相差の観光スポットまとめ【三重】
男の育児マガジンFQ JAPAN編集部に聞く、今イチオシの父子旅はこれだ!
タレントユージさんに聞く、親子の絆と父子旅

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。