ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

新型オービスにも対応するレーダー探知機アプリ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
新型オービスにも対応するレーダー探知機アプリ

オービスとは自動速度取り締まり装置のこと。そして、オービスが速度測定のために発するレーダー波をキャッチして警告してくれるのがレーダー探知機です。現在は設置地点をあらかじめとうろくしておき、GPSで接近を知らせてくれるタイプが主流。それを代用できるのがレーダー探知機アプリです。

オービス約1km手前でアプリが警告

「オービス警報」は、2016年度版のデータのオービス、Nシステム、取り締まりポイントの合計6,523か所を収録。アイコンや警報画面にて、オービスの存在を知らせてくれるレーダー探知機アプリです。

オービスの約1km手前くらいから警告を開始。画面上部が赤くなるので視覚的にも分りやすくなっています。地図上の各アイコンをタップすると、オービスの詳細情報が見られる仕組みです。

設定はシンプル。オービス・取締りポイント・Nシステムの警告のオン/オフ、高速道路と一般道の切り替えが可能。バックグラウンドでも起動できるため、他のナビアプリなどと併用できるのもポイントです。価格は250円となっています。

移動式の新型オービス対応アプリ

「早耳ドライブ2.0/2.3.3」は、移動式の新型オービスにも対応するレーダー探知機アプリです。ユーザー投稿型なので、アプリのバージョンアップ無しで絶えず情報が更新されていきます。

一次警告はブザー、二次警告は音声で知られてくれる仕組み。地図上のアイコンをタップすると、実際の設置状態を写真などでチェックできます。警告のタイミングは1~8km、0.5~4kmの間で調整可能です。

その他、ネズミ捕り・交通事故・路面の環境・火災までをリアルタイムで知らせてくれます。設定では、表示・警告する取り締まりの種類を細かく設定できるのが特徴です。価格は無料ですが、アプリ内課金があります。(文/馬塲言葉)

関連記事リンク(外部サイト)

覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
ネズミ捕り対策はスマホの取り締まりアプリ!

カテゴリー : エンタメ タグ :
ラジオライフ.comの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。