体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Duolingo、ついに日本語学習ができるように!まずはiOSで、数週間以内にAndroidでも

fullsizeoutput_2a95人気の語学学習アプリ「Duolingo」。自分のレベルに合わせて学習でき、しかも単語や文法だけでなく発音、フレーズも学べるとあって、世界で一番ダウンロードされている語学学習アプリともいわれている。

そのDuolingoがこのほど、ついに日本語学習にも対応した(英語ユーザー向け)。開発元によると、直近5年間で最も要望が多かったのが日本語コースだったのだという。

・ひらがなから日常会話まで

初心者でも学べるというのがDuolingoのセールスポイントだが、日本語学習ではまずひらがなを学ぶ。それからカタカナ、ボキャブラリー、フレーズへと発展していく。

fullsizeoutput_2a97挨拶などの日常会話、そしてレストランでの食事や買い物などでも使える表現も学べ、「意見や気持ちをなんとか伝えたい」というニーズに応える。

スタンダードのレッスンに加え、オリンピックや、漫画・アニメなどのサブカルチャーをテーマとしたボーナスレッスンも用意されている。

・新たな言語コースも開発中

今回の日本語対応で、英語ユーザーが学習できる外国語は計23言語となった。加えて、現在5言語のコースを開発中だという。

日本語学習コースは現在、iOSアプリでのみ利用でき、間もなくAndroid版でも展開する見込み。隙間時間にサクッと学習できるDuolingo、日本語を学んでいる友達がいたらおすすめしてみてはいかが?

Duolingo

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。