ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

イリコとアートと猫の島!伊吹島の基本情報まとめ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
イリコとアートと猫の島!伊吹島の基本情報まとめ

伊吹島という島の名前を初めて聞くという人も多いのではないでしょうか。香川県内の有人島の中では最西端にあるこの島は、讃岐うどんのだし汁に欠かせないイリコ(煮干しいわし)の名産地です。

猫が多いことでも有名で、瀬戸内芸術祭の舞台にもなっています。島の人達が話す言葉には、平安時代のアクセントが残っており、言語学的にも価値のある島として注目されている島です。

 

伊吹島はどこにある?

MAO ISHIKAWAさん(@maomaomao7240)がシェアした投稿 – 2017 5月 16 5:32午後 PDT

伊吹島は、香川県観音寺市に属する島。観音寺港の西、香川県最西端に位置する周囲の島です。画像は、観音寺市側から見える伊吹島です。

 

伊吹島へのアクセス情報

uran.tさん(@anyopan)がシェアした投稿 – 2016 11月 6 11:36午後 PST

香川県の西にある観音寺市から伊吹島へは、市営の定期船伊吹航路のフェリーが1日4往復しています。観音寺港から伊吹島真浦港への所要時間は、片道25分です。

 

伊吹島の交通事情

Kurotokageさん(@lezardnoir)がシェアした投稿 – 2016 8月 10 4:57午後 PDT

伊吹島は細くて急な坂道が多いため、原付バイクが島の人たちの移動手段となっていて、車は少なめです。旅行者は、徒歩が基本となりますが、坂道に備えて歩きやすい靴で訪れるのがおすすめです。

 

伊吹島の観光スポット&イベント

1.金田一春彦歌碑

Kouki Sinoharaさん(@ibukichiyo)がシェアした投稿 – 2017 1月 8 6:51午後 PST

真浦港から続く坂道を登ると到着する小さな丘の上の公園あるのが「金田一春彦歌碑」。有名な言語学者金田一春彦氏が、貴重な伊吹島の言葉と自然が末永く残っていくようにと、島を訪れた際に詠んだ歌が刻まれています。伊吹島の人たちが使っている言語は、全国でただ1ヶ所、この場所にのみ残っている平安・鎌倉時代の京都のアクセントを残した貴重な言葉なのだそうです。
■詳細情報
・名称:金田一春彦歌碑
・住所:香川県観音寺市伊吹町
・アクセス:真浦港から徒歩3分
・営業時間:24時間
・定休日:なし
・公式サイトURL:https://www.city.kanonji.kagawa.jp/soshiki/21/346.html

 

2.波切不動尊

さばの味噌煮さん(@bu_ri_te_ri)がシェアした投稿 – 2017 4月 2 5:37午後 PDT

awa_39さん(@awa_39)がシェアした投稿 – 2017 4月 5 7:54午前 PDT

伊吹島の北の岬近くにある「波切不動尊」。桜の時期になると、高台にある入り口から海側にある不動様の洞窟までの道が、桜の花のトンネルになります。のどかな山の桜並木を下っていくに従って風景が変化し、やがては海を背景にしたみごとなランドスケープが広がります。

ぜんざいやうどんなどが無料で振舞われる4月上旬に開催される桜まつりには、周辺の地域からたくさんの人が花見に訪れます。
■詳細情報
・名称:波切不動尊
・住所:香川県観音寺市伊吹町
・アクセス:真浦港から徒歩約20分
・営業時間:24時間(参拝は明るいうちがおすすめ)
・定休日:なし
・公式サイトURL:http://kanonji-kankou.jp/visit/07/007.html

 

3.ART SETOUCHI 2017

ぱるこ♡さん(@paruko710)がシェアした投稿 – 2016 12月 30 8:30午前 PST

uran.tさん(@anyopan)がシェアした投稿 – 2016 11月 8 1:39午前 PST

okkinさん(@okijiya)がシェアした投稿 – 2016 11月 3 4:24午前 PDT

「瀬戸芸」の愛称で知られる「瀬戸内芸術祭」。「ART SETOUCHI 2017」として伊吹島に展示されているのは、3作品。1軒の家のような形をした「トイレの家」は、建物に設計された無数のスリットから入る光が美しい作品。

屋内に設置されたバイクにまたがり、レーシングゲームを体験できる「伊吹島ドリフト伝説」は、島の高齢者が原付バイクで島の中を走り回る姿からヒントを得たというユニークな作品。

「イリコ庵」は、島の特産品イリコの加工に使われるせいろや島の廃材などを素材に、島独特の建築様式を取り入れて作られた趣のある建物となっています。
■詳細情報
・名称:ART SETOUCHI 2017
・住所:伊吹島の集落内
・アクセス:真浦港から徒歩圏内
・公開時間:作品による
・定休日:屋外作品はいつでも、屋内作品は定期的に公開
・電話番号:087-813-0853 瀬戸内国際芸術祭実行委員会事務局
・公式サイトURL:http://setouchi-artfest.jp/artworks-artists/artworks/ibukijima/

 

4.3月21日のお四国さん

Kouki Sinoharaさん(@ibukichiyo)がシェアした投稿 – 2017 4月 17 3:12午前 PDT

Kouki Sinoharaさん(@ibukichiyo)がシェアした投稿 – 2017 4月 19 10:48午前 PDT

四国といえばお遍路さん。地元では歩き遍路をする人たちを「お四国さん」と呼び、飲み物やおやつなどを用意して「接待」と呼ばれる振る舞いをします。そんなお四国さんを迎える行事が、旧暦3月21日弘法大師の命日にあたる日で瀬戸内の島々にて行われます。

この日は、伊吹島にもお四国さんがたくさん訪れ、島の札所をめぐる「島遍路(島四国)」を行います。参加は自由なので、飛び入りで島遍路を楽しむのもいいですね。
■詳細情報
・名称:お四国さん
・住所:観音寺市伊吹町
・アクセス:真浦港から出発
・開催時間:日中
・電話番号:080-1921-9535
・所要時間:約2時間
・公式サイトURL:https://www.sanlabo.net/event/event.shtml?id=150

関連記事リンク(外部サイト)

瀬戸内海でのんびり楽しみたいアート作品35選
瀬戸内海の海の幸が豪快!四国で食べたい名物料理まとめ
夏の四国旅行でおすすめの観光スポット8選
あの祭りのルーツはここ!四国のすごいお祭り7選

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。