ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

ドリームクリエイターが打ち切り!? 岸田メル、桃井はるこらがクリエイターに向けてメッセージ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
『ドリームクリエイター』の打ち切りが発表される様子

 テレビ東京の番組『ドリームクリエイター』(司会:百花繚乱、白石小百合・繁田美貴テレビ東京アナウンサー)の収録風景が2012年3月24日、ニコニコ動画で生放送された。インターネットで活躍するクリエイターを応援する番組として、約11ヶ月にわたって放送されてきた同番組だが、同日の放送を最後に”打ち切り”になるということが、放送終わりに発表された。テレビ放送では3月29日が最終回となる。

 東京にある六本木ヒルズ内のイベントスペース「umu(ウム)」で、3月22~24日の3日間に開かれた「ドリクリコンベンション」は、多くのネットクリエイターが集結した参加型イベント。このドリクリコンベンションの最終日に、公開収録として行われた今回の放送では、イラストレーターの岸田メルさんが、

「これから先、クリエイターとしてやっていきたい方もたくさんいらっしゃると思うんですよ。プロとして表現者としてやっていくのは、すごく道のりが長いと思うでしょうけど、一歩一歩道を踏みしめていかないと辿りつけない所ってのが必ずあるので。『継続は力なり』という言葉もあるので、このままクリエイティブなことを続けてください」

と語り、また、「ドリクリコンベンション」の発案者である声優の桃井はるこさんが、

「自分の可能性に、自信がなくて『どうせやってもダメだろう』と自分で狭めてしまうことがあると思うんですけども、そうじゃなくて、まず『この世のすべて、始めは妄想』ということで、どんどん妄想することですね。妄想が具現化して、ロボットだって何だって、想像上のものだったわけですから。まずは想像することから頑張ってください」

とクリエイターたちに応援エールを送るといった展開となった。

 そして迎えた番組の終盤、司会の百花繚乱さんがステージに設けられたクス玉を割ると、そこには「打ち切り」の4文字が現れた。この模様を見ていた視聴者からは、「えええええ」「まじかよ・・・」のようなコメントが弾幕のように寄せられた。この突然の番組打ち切り発表に続けて、繁田アナウンサーから「もう一つの重大発表」として封筒が百花繚乱さんに手渡された。

「あきらめません。とりあえず反省会をするんで、4月7日土曜日夜11時、テレ東第5応接に来てください。ちゃんねる生予約。運コメ(繚乱さん)」

 百花繚乱さんが、封筒の中の紙に書かれた”業務連絡”を読み上げた上で、「『あきらめない』との一言が書かれていたので、もしかすると何かが起きるかもしれない。という壮大な無茶振りをテレ東にぶん投げて」と番組を閉めようとすると、番組準レギュラーの爆笑コメディアンズ秀作さんは、

「やだやだ。あきらめたくないよ。だって、俺、夢叶ってねえもん。俺は売れることが夢なのに、売れてないじゃないか。売れる夢をあきらめさせないでくれ」

と語り、会場と視聴者の笑いを取っていた。

◇関連サイト
・[ニコニコ生放送]岸田メルさんのメッセージ部分から再生 – 会員登録が必要
http://live.nicovideo.jp/watch/lv84617879?po=news&ref=news#2:56:22
・[ニコニコ生放送]桃井はるこさんのメッセージ部分から再生 – 会員登録が必要
http://live.nicovideo.jp/watch/lv84617879?po=news&ref=news#2:54:18
・[ニコニコ生放送]”打ち切り”が発表される部分から再生 – 会員登録が必要
http://live.nicovideo.jp/watch/lv84617879?po=news&ref=news#3:06:22
・ドリームクリエイター公式サイト – テレビ東京
http://d-creator.jp/
・[ニコニコチャンネル]ドリームクリエイター
http://ch.nicovideo.jp/channel/ch23

(鏡)

【関連記事】
蛇足、DANCEROID、めろちん、MARiAら参加 「ドリクリコンベンション」3月22日~24日開催
「ボカロは嫁だ」 蒼姫ラピス・江口菜子、オリラジ藤森・AKB石田らに”中の人”指南
高橋名人「音楽ゲーム誕生は、ゲーム機の性能向上が影響」
昔のフィギュアは「足が太かった」 なぜ細くなったのか?
「等身大初音ミクも展示」 ニコニコ動画の同人展示&即売会”ニコつく2in超会議”とは?

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
ニコニコニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。