ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

4人目の出産で想定外の帝王切開!なぜか麻酔が効かず、泣きっぱなしの出産体験

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
f:id:akasuguope04:20160623180608j:plain

私には、現在4人の子供がいます。

上の3人までは普通分娩での出産でしたが、第4子出産だけは違いました。

これはその時の体験談です。

出産予定日の2週間ほど前、突然激しい前駆陣痛に襲われました。

痛みでまったく寝付けず2時間くらいしか眠れませんでしたが、次の日は健診だったので、主人に付き添われフラフラになりながら向かいました。

診察を担当してくださった先生に前夜の出来事を話したところ、「まだ子宮口は2cmくらいしか開いてないから問題ない」とのこと。

しかし、一緒に話を聞いていた助産師さんが心配して、わざわざ院長先生に確認してくれました。

ちょうどその頃スーパームーンが話題になっている時期で、それが関係しているかはわかりませんが連日何人も赤ちゃんが誕生していたようで、「いい張りも来ているし産んでしまおう」と、そのまま入院することになりました。

張りはあるものの産まれる気配はなく、しばらくベッドで安静に過ごしていたのですが、夕方になって、助産師さんから「4人目で道はできているから促進剤で陣痛起こして産んでしまいましょう」と勧められ、錠剤を飲み始めました。

間隔を空け2錠目を飲み、暫くして分娩室に呼ばれモニターをつけられ、さらに3錠目を飲みました。

その間も隣の分娩室では今にも産まれそうな妊婦さんが頑張っていて、院長先生や助産師さんは忙しそうに動き回っていました。

当の私は前日2時間という睡眠時間のせいなのか、促進剤が合わないのか、時々意識が朦朧としておかしいと感じ、ナースコールを押そうとした時、異変が起きました。

モニターから急にアラーム音が鳴り響き、リズムよく聞こえていた赤ちゃんの心拍が聞こえなくなってしまったのです。

慌てて院長先生と助産師さんが駆けつけ、私の体の向きを色々変えて、なんとか心拍を確認することができました。

しかし、院長先生から「また心拍が確認できなくなると赤ちゃんが危険だから、帝王切開にするよ」と説明され、4人目にしてまさかの帝王切開になりました。 関連記事:なんだこのカオス。和気藹々と切開する医師、とにかく吐き気が止まらない私 by のばら

意識がもうろうとしている中、主人に電話を入れ急いで来てもらい、帝王切開による出産が始まりました。

下半身麻酔を打たれ、普通の人なら効いてくる時間が経ち、「じゃあいくよ!」と院長の声。

メスが入るか入らないかで激痛が走り「痛い!!」と大騒ぎ。

それから数分待って再びメスが入り、やっぱり激痛。

痛いと訴えたけど「すぐ終わるから」と続行され、泣きながら耐えました。

その後無事産まれて子どもの顔を見せてくれ、ホッとして涙。

お腹を閉じる作業でまた泣きながら耐え、ようやく手術を終えました。

閉じてもらっている途中からやっと間隔が無くなってきて、手術が終わった頃に完全に麻酔が効くというお粗末な結果に。

麻酔が切れるとまた激痛に襲われ、動いていいと許可が出るまではずっとベッドで寝ていて、ほとんど同じ姿勢で寝ていたら、今度は腰が痛くなり、涙。

翌日、主人が上3人と群馬から出てきてくれた母を連れて来てくれ、ホッとしてまた涙。

今回の出産は泣きっぱなしでした。 関連記事:痛いっ!まさか麻酔が効いてない!? 思い返すとぞっとする帝王切開体験

f:id:akasuguope04:20160620182248p:plain

著者:*ke^ko*

年齢:37歳

子どもの年齢:中1、小5、年長、8か月

4人のママです。毎日悪戦苦闘しながら子育て頑張ってます。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

迷わず帝王切開を選択! へその緒が2重巻きの娘、ストレスをかけず産んであげたい
緊急帝王切開での出産
予定日前の急な帝王切開、パパに手を握られ乗り越えた! のに…術後に◯◯◯が?!

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。