ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

大掃除は「夏を迎える前」にやるのがベスト[後編] ダニ・カビを意識した掃除が必要

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
大掃除は「夏を迎える前」にやるのがベスト[後編] ダニ・カビを意識した掃除が必要

年末の恒例行事である大掃除ですが、掃除の内容によっては夏にしたほうがいいものもあるようです。夏にしたほうがよい掃除として、前編では「冬よりも効率的」という観点で掃除のポイントを紹介しましたが、後編では「衛生的に必要」な掃除を紹介。All About家事・掃除・子育て ガイドの藤原千秋さんにお話を伺いました。

【1】1日の3分の1を過ごす「寝室」こそ、カビ・ダニ対策の掃除を念入りに

「効率面を考えることも大事ですが、健康を害する可能性のある汚れを取り除くことのほうがさらに優先順位は高いですね」と藤原さん。

「1日の3分の1という長い時間を過ごす、寝室・寝具こそ清潔に保ちたいもの。ところが、リビングやお風呂に比べて、寝室の掃除はおろそかにしている人が多いのではないでしょうか」。……ドキ! 確かに、筆者宅もリビングではルンバが大活躍していますが、階の違う寝室は、床にワイパーをすべらせる程度です。

「特に汗かきさんなどは、ベッドのマットレスをひっくり返すと、カビが生えてしまっていることも。そんな環境で8時間も寝ていると、恐ろしい量のカビ胞子、ダニの死骸や糞のかけらを吸い込んでいることになります」。……想像しただけで恐ろしいですね。

「マットレスを干すのが難しければ、マットレスの表面に掃除機をかけるだけでもOK。ゴミを吸うというより、中に風を通す目的で使います(上から吸うことで、別の部分から空気が入ります)。また、布団を外に干せない場合、ソファに広げてエアコン干し(20度くらいに設定し、3~4時間運転)でも効果がありますよ」

寝具を干している間は、ベッドまわりの掃除のチャンス。きれいに掃除機をかけましょう。【画像1】マットレスを壁に立てかけて干す間、ベッド本体に掃除機がけを(写真撮影/前川ミチコ)

【画像1】マットレスを壁に立てかけて干す間、ベッド本体に掃除機がけを(写真撮影/前川ミチコ)

【2】冷蔵庫の「野菜室」。清潔にしたいけど水拭きはNG!

梅雨から夏にかけては、カビのほかにバクテリアも大量発生。「特に汚染が激しいのが、野菜室。野菜についた土、野菜の皮などが温床となり、菌が増殖していきます。そして、ついやってしまう間違いが、庫内を水拭きしてしまうこと。水をエサにして、爆発的に増えてしまいます」

……ショック! 知らずにエサを広げていました。前編で紹介した「カビのいる窓を水拭きしてはダメ」と同じ理由でダメだったんですね。つまり冷蔵庫の場合も、消毒用エタノールを使い、キッチンペーパーか使い捨てのクロスで拭いたら捨てる、という方法が適しているよう。

「ほかにも、生肉を入れるチルド室などは菌が発生しやすいところ。野菜室と違い、生物をすべて出したままで大掃除をするのは難しいこともありますので、食材を切らしたときが掃除のチャンスです」【画像2】冷蔵庫のなかはゴミを取り除き、消毒用エタノールをスプレーしてキッチンペーパーで(写真撮影/前川ミチコ)

【画像2】冷蔵庫のなかはゴミを取り除き、消毒用エタノールをスプレーしてキッチンペーパーで(写真撮影/前川ミチコ)

【3】カーテン、エアコンのフィルターもきれいに!

夏が本格的に始まる前にぜひやっておきたい、カーテンの洗濯。「布製品は空気の汚れの影響を受けやすく、花粉やPM2.5などをたっぷりと吸い込んでいることがあります。さらに、近年は冬に加湿器を使う家庭も多く、窓の結露から、カーテン自体がカビに侵されていることも」。それは気になります!

家庭で洗えるカーテンなら、天気のいい日に洗濯し、そのままつるして乾かします。レースとドレープを違う日に洗えば、外からの視線も気になりませんね。

エアコンも、汚れたまま運転するとカビの胞子などをまき散らしてしまうことに。運転する前にフィルターをしっかり掃除したいもの。「フィルターは外して掃除機でホコリや汚れを取り、残った汚れは古歯ブラシなどで水洗いを。ただし、この後、しっかり乾かすことが大事です」

ほかの章でもお伝えしてきたように、水分はカビの大好物。しっかりと乾いてからエアコンに戻しましょう。また、吹いてくる風がカビ臭いときは、内部がカビで汚染されていることが考えられるので、プロの力を借りることも考えましょう。【画像3】フィルターは基本的に掃除機がけを。洗ったらしっかり乾燥させます(写真撮影/前川ミチコ)

【画像3】フィルターは基本的に掃除機がけを。洗ったらしっかり乾燥させます(写真撮影/前川ミチコ)

寝室や冷蔵庫、カーテン、エアコンなどは、カビやダニなどを防ぐことを意識した掃除がポイント、ということがよく分かりました。水拭き・水洗いでカビを増殖させないように注意して、きれいな家で夏を迎えたいですね。●取材協力

・All About/藤原 千秋●関連記事

・大掃除は「夏を迎える前」にやるのがベスト[前編] 冬より効率的に汚れが落ちる

・大掃除は「夏を迎える前」にやるのがベスト[後編] ダニ・カビを意識した掃除が必要
元画像url http://suumo.jp/journal/wp/wp-content/uploads/2017/06/134560_main.jpg
住まいに関するコラムをもっと読む SUUMOジャーナル

関連記事リンク(外部サイト)

大掃除は「夏を迎える前」にやるのがベスト[前編] 冬より効率的に汚れが落ちる
毎日の家事がめんどくさい! 家事えもんに泣きついてみた
美しく仕上がる「アイロンがけ」6つのコツ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。