体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【沿線調査】東海道本線と横須賀線を沿線に住む人の声で徹底比較!住みやすいのはどっち?

【沿線調査】東海道本線と横須賀線を沿線に住む人の声で徹底比較!住みやすいのはどっち?

東京駅(東京)⇔熱海駅(静岡)を走るJR東海道本線と、東京駅(東京)⇔久里浜駅(神奈川)を走行するJR横須賀線。どちらも、東京駅を始発とし、品川駅、横浜駅、大船駅などのターミナル駅に停車する。今回は、それぞれの沿線に住むユーザー各150人にアンケート調査を実施。実際に沿線に住まう人々はどう感じているのだろうか?

停車駅は似ていても、「好きなところ」はバラバラ!?

まずは、それぞれの沿線の「好きなところ」で比較してみると、どちらも、「どこに行くにも便利」(東海道本線65.7%、横須賀線67.6%)が1位。2位も「ほかの沿線に乗り換えしやすい」(東海道本線34.3%、横須賀線36.6%)で、ポイント数もわずかな差が出るにとどまった。

横須賀線で3位にランクインした「座れる頻度が高い」の項目は、一方の東海道本線では8位。ポイント数で比較しても、前者が25.5%であったのに対し、後者は13.3%と大きな差がついた。また、「運行本数が多い」の項目も、東海道本線で32.9%、横須賀線11.7%。この結果から、東海道本線は「座れる頻度は低いが、運行本数が多い」、横須賀線は「座れる頻度が高いが、本数が少ない」ことが分かる。

さらにその他の項目でも比較してみると、結果は以下のとおり。

「電車内がきれい」(東海道本線6.3%、横須賀線9.0%)

「乗客のマナーが良い」(東海道本線6.3%、横須賀線12.4%)

「終電が遅いもしくは始発が早い」(東海道本線14.0%、横須賀線8.3%)

「これから発展していきそう」(東海道本線11.2%、横須賀線7.6%)

「遅延が少ない」(東海道本線10.5%、横須賀線4.8%)

こうしてみると、似た路線でありながら、座れる頻度や運行本数の多さ、遅延の少なさ、これからの沿線の発展への期待度など、意見が分かれる項目が多々あり、両路線の差異が浮き彫りになった。【画像1】東海道本線・横須賀線ユーザーが沿線の「気に入っているところ」(出典/SUUMOジャーナル編集部)

【画像1】東海道本線・横須賀線ユーザーが沿線の「気に入っているところ」(出典/SUUMOジャーナル編集部)

同じJRなのに……「乗車運賃が高い」の項目で大きな差

続いて、両路線の「改善してほしいところ」について比較してみたが、「好きなところ」よりもそれぞれの特徴があらわれている。

例えば、「乗車運賃が高い」の項目。東海道本線では42.7%で1位となったが、一方の横須賀線では半数以下の20.0%。「私鉄に比べて運賃が高い」(東海道本線・64歳・男性)といったコメントも多いようだが、どちらも同じJRの路線。運賃が高いという共通の認識はありながらも、ユーザーの肌感としては大きな開きがあるのかもしれない。

また、「通勤ラッシュ時の混雑が激しい」の項目でもポイント数に差が見られ、東海道本線では40.0%だが、横須賀線では28.0%。ポイント数に差はあるもののコメントでは、「年々ラッシュが激しくなっている」(東海道本線・44歳・男性)、「駅の収容人数に対し、利用人数が多すぎて大混雑」(横須賀線・44歳・女性)、「混みすぎて電車に乗れない」(横須賀線・29歳・女性)と、両沿線ユーザーの不満は同じ印象。

また、「運行本数が少ない」の項目を見ると、東海道本線17.3%に対し、横須賀線33.3%という結果に。しかし、こちらの項目でも「朝のラッシュ時は間隔が短いが、乗り遅れたら結構待つ」(東海道本線・21歳・女性)、「10時以降は1時間に4本くらい」(横須賀線・48歳・女性)、「10分に1本はほしい」(横須賀線・69歳・男性)など、両路線ユーザーとももう少し本数が増えたら……と感じているようだ。【画像2】東海道本線・横須賀線ユーザーが沿線の「改善してほしいところ」(出典/SUUMOジャーナル編集部)
1 2次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。