ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

東京の夏。クリアバッグで涼を感じる

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

陽射しがまぶしくて、汗ばむ。

そう感じる日が多くなってきたいま。そんなときは、ファッションにさわやかさを取り入れて、見ためから涼しく感じたい。

それなら、どんなスタイルにも一瞬で「涼」を注入してくれるクリアバッグが有効です。

クリアバッグ。持つだけで涼しげ

氷や水を連想させる、透明なバッグ。

たとえオールブラックコーデの日でも、持つだけで途端に涼しげな印象をプラスしてくれます。

当然、中身は丸見え。だからこそ、何を入れるかでビジュアルに変化をつけられるのも楽しい。

まわりの素敵な景色を写し出す

柳江麻 女優さん(@emmayanagi)がシェアした投稿 – 2017 5月 10 3:53午後 PDT

モノトーンでまとめるとシック

kanae yasudaさん(@k_1204_y)がシェアした投稿 – 2017 5月 21 4:28午前 PDT

レッドとドットを挿すとかわいさ急上昇

i’m hikaruさん(@im__hkr___)がシェアした投稿 – 2017 5月 13 6:35午前 PDT

ビジュアル買いなコスメをのぞかせる

Suzuki Norikoさん(@suusannoriko)がシェアした投稿 – 2017 5月 5 5:26午後 PDT

カラフルスカーフのベールに包んで

柳江麻 女優さん(@emmayanagi)がシェアした投稿 – 2017 4月 9 9:27午後 PDT

スカーフのセレクト次第で印象自在

柳江麻 女優さん(@emmayanagi)がシェアした投稿 – 2017 4月 7 5:44午前 PDT

暑さにまいってしまいそうな日は、クリアバッグを選択。

見た目の涼しさと、カスタマイズできる楽しさが、気分を上向きにしてくれそうです。

写真/gettyimages

こちらも読まれています

・露出少なめ。素肌になじむ色。夏の媚びない水着選び

・ベーシックアイテムを着回し。スタイリストに学ぶオンオフコーデ術 #sponsored

・思わず触れたくなる二の腕。夏前にやっておきたい肌ケア #sponsored

■ あわせて読みたい

・NYのコム・デ・ギャルソン展に行ったら、アヴァンギャルドな人であふれてた
・ZARAをよく買うサンフランシスコ女子。好きなテイストがヨーロッパとアジアに移行中
・女性用ドレスコードっていつまで求められるの? クリステン・スチュワートがカンヌにひと言
・露出少なめ。素肌になじむ色。夏の媚びない水着選び
・もう、ファッションのために痩せなくてもいいよ
・家が好き。意外と重要なのがゴミ箱の存在 #ふたりごと
・いつだってファッションを楽しむ。働く女子のチカラになる「第2の勝負下着」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。