ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

さぬきうどんDIY!「代打ち麺ロール」でうどん職人になりきってみた

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
f:id:Meshi2_IB:20170531132430j:plain

こんにちは! 幸せな家庭が欲しいと思っている、独身地下放送作家の内村です。

今回は、うどんの麺を自分の好きな太さに調整することができる、その名も「代打ち麺ロール」なるものを取り寄せてみました。

こちらは、ロール状のうどん生地を、自分好みの太さに製麺できるというもの。重さ500g、国産小麦100%、長時間低温熟成しているさぬきうどん生地なんだとか。つゆ付きで945円(送料別)とは、お買い得かも。香川県民に愛されるさぬきうどんの老舗「こんぴらや」販売によるものです。

一度でいいから、うどん生地を自分で切ってみたい! 自宅で切りたて、ゆでたてを食べてみたい!

とはいっても1人で麺を切っても楽しくないので、エア家族を思い描きながら「代打ち麺ロール」に挑戦していきます(僕の中のエア家族は、奥さんと子どもが兄、妹の2人の4人構成)。

まずは、ネットで注文。

待つこと数日で到着しました!

f:id:uchitomi:20170413162542j:plain

▲箱が長いですね。大きいです

箱を開けると長方形の箱に入った「代打ち麺ロール」が登場!

さあ。ここからエア家族が登場しますので、最後までお付き合いをお願いします。

妹:お父さん。それなあ~に?

自分:これ。これね、うどんなんだよ~。

妹:うそ~。これうどんじゃないよ。だって、こんなに太くないもん。ロールケーキみたい。

f:id:uchitomi:20170413162843j:plain

▲ロールケーキが入っているみたいですが、うどん生地です

自分:そうだね~。うどんはこんなに太くないもんね。でも、これはうどんなんだよ。なんでこんなに太いかって、これから麺を切って、好きな太さにできるんだよ。

f:id:uchitomi:20170413163001j:plain

▲打ち粉がされているのでくっついていません

妹:わたし切ってみたい!

自分:よし、ちょうどお昼ご飯だし、やってみようか。じゃあお兄ちゃんも呼んできて。

妹:は~い。

自分:今日はお昼ご飯をうどんにするから、作らなくていいよ。

奥さん:えっ今用意してるのに、急に言われも困るんだけど……。

自分:ごめん、娘と作る約束しちゃったし、今用意しているのは夜にしよ。

奥さん:はいはい。毎回のことだけど、いらない時は早めに言ってよね。

自分:ごめん、ごめん。

妹:お兄ちゃんを連れてきたよ。

兄:いまゲームやってたんだけど。

自分:ゲームもいいけど、今日はうどんを作るぞ。

兄:うどん? 面倒くさいよ~。

自分:まっいいから、作るといってもうどんをこねるところからだと、時間もかかるから、好きな太さに切れる状態のものを用意したぞ。これなら、簡単だからやってみよう。

兄:わかったよ。でどうするの?

自分:まずは、このうどんロールを麺の太さが測れる箱に平行になるように置いて、あとはそれに合わせて切っていくだけ。

f:id:Meshi2_IB:20170531142248j:plain f:id:Meshi2_IB:20170531143057j:plain

▲切ってみると、この太さの違いをなかなか調節できないのです

兄:簡単じゃん!

自分:じゃあ、やってみようか。

兄:僕は真ん中の太さでいいから、並麺のサイズ3.5mmで切るよ!

f:id:uchitomi:20170413163204j:plain

▲エア家族では兄が切っていますが、実際は僕が切っています……

兄:あれ!? うまく切れない。

妹:お兄ちゃんの切った麺、全部太さが違ってる~。へたくそ~。

兄:そんなに言うなら、お前やってみろよ!

妹:いいよ。絶対私の方がうまいもん。私は、細い麵(2.5mm)にする。

f:id:Meshi2_IB:20170531143821j:plain

▲まっすぐ切ったつもりでも、太さがバラバラで断面もデコボコしてしまいます

妹:あれ? あれ~? 上手くいかない。

兄:どこが俺より上手いんだよ! 全然下手じゃん。

妹:うるさい!

自分:こらこら、けんかしない。お父さんが見本を見せるから。お父さんはガッツリ行きたいから、太麺の4mmで行くぞ。

兄・妹:お父さんも下手! ぜんぜん4mmじゃないじゃん。

兄:なに。この大きさ?

f:id:Meshi2_IB:20170531143729j:plain

▲仕上がりはこんな感じですが、切っていると結構夢中になりますよ

自分:おいおい笑うなよ、こっちは真剣に切ったんだから。確かにカタチは悪いけど、味は美味しいから、お母さんにゆでてもらおうか。

兄・妹:は~い。

自分:お母さん、切ったうどんをそれぞれゆでてもらっていい?

奥さん:それぞれ!?

自分:太さが違うから、細麺は6分、並麺は12分、太麺は14分とゆで時間が違うんだよ。

奥さん:もう。分かったわよ。じゃあ切ったうどんを置いといて。

自分:ありがとう。

f:id:Meshi2_IB:20170531141238j:plain

▲「差し水しないのがゆでるポイントよ」とエア奥さん。僕が調べました。すいません……

奥さん:さあできたわよ。

f:id:uchitomi:20170413163530j:plain f:id:uchitomi:20170413163650j:plain

▲ツヤツヤのゆで麺ができましたよ。不ぞろいな太さも目立ちませんね

兄・妹:わ~! できてる。

奥さん:細麺はざるね。並は釜揚げ、太麺はおもしろそうだから、ざるうどんにしたからね。

自分:よ~し食べよう。

全員:いただきま~す。

と想像しながら、自分で切ってみた麺を1人で食べる。

麺の太さは均一にできなかったが、それでも切りたてのうどんはおいしい!

コシがあり、モチモチしていて、うどん本来の風味がのどを通るたびに口いっぱいに香り、のどごしも最高!

切りたてのうどんとは、こんなにおいしいものかと感心してしまいます。

うどんは空気に触れると酸化する

この「代打ち麺ロール」を販売することになった理由を、こんぴらや店長、瀧さんにうかがいました。

瀧さん:子どもたちにうどんの製麺工場の見学をさせているのですが、そのなかで「自分でうどんを切ってみたい」という声が多く、それなら、自宅でも簡単に体験できるようにと思い開発しました。

瀧さん:実際、切る楽しさもありますが、うどんは切りたてがおいしいんですよ。

ーー切りたてがおいしいのですか!?

瀧さん:そう切りたてです。空気に触れると酸化して風味が消えていってしまいます。切りたてだとうどん本来の風味が消えないので、一番おいしく食べられるんですよ。

なるほど、うどんは切りたてが一番おいしい!

そのことを知ると、この「代打ち麺ロール」は、子どもたちと楽しく切って味わう商品ではなく、僕のような一人暮らしの人でも、うどん本来の味を楽しみたいという人には、絶対おススメです。

みなさんも「自分専用うどん探しの旅」へ出てみませんか。

f:id:uchitomi:20170413163742j:plain

お店情報

さぬきうどんの「こんぴらや」

住所:香川県仲多度郡まんのう町東高篠1140

電話番号:0877-73-5701

営業時間:9:00~17:00

定休日:日曜・祝祭日

ウェブサイト:こんぴらや販売

※この記事は2017年4月の情報です。

※金額はすべて消費税込みです。

書いた人:うちとみ運輸

うちとみ運輸

放送作家、構成作家が所属するエンタメ集団。お笑いライブ、テレビ制作、舞台演出、Web記事制作などを主に活動を行う謎の集団。現在、月刊誌や広報誌、WEBなど各媒体で執筆中。

過去記事も読む

関連記事リンク(外部サイト)

うどん県が勝負をかけるキラーコンテンツ! 香川発「オリーブ牛×純国産小麦100%」の超レアなうどんがメチャクチャ美味い!!

カテゴリー : グルメ タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。