体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

うつ病に胃薬が効果的!? 脳に関わる新たなタンパク質を発見【最新研究】

うつ病に胃薬が効果的!? 脳に関わる新たなタンパク質を発見【最新研究】
うつ病に対する治療はさまざまな方法で行われていますが、2017年5月27日岡山理科大学が、世界で初めて「うつ病に関わる新たなタンパク質」を発見したとして、研究結果を発表しました。(参考)

今回の研究内容がどのようなものだったのか、また、うつ病に関わる新たなタンパク質について医師に詳しく解説していただきました。

最新研究

うつ病に胃薬が効果的!? 脳に関わる新たなタンパク質を発見【最新研究】

研究内容

岡山理科大学の研究では、うつ病のネズミに胃薬の一つであるテプレノン(商品名:セルベックスなど)を投与しました。

研究結果

テプレノンを投与したところ、ネズミのうつ症状が改善したということです。

その仕組みとしては、テプレノンが脳内でヒートショックプロテインというタンパク質を増やし、それによって脳神経由来栄養因子を増やすためと考えられます。

実際、肝臓の病気などに対して使われるインターフェロンという薬は、副作用としてうつ病を起こすことがあります。

しかし、たまたまテプレノンを一緒に飲んでいた人は副作用のうつ病を起こすリスクが0.62倍に減っていたということがありました。

今回の結果を受けてうつ病に保険適応が下りるまでには、うつ病患者に処方してどのような効果が見られたかを実験する必要があります。

しかし、新しい薬を一から作るよりは簡単であり、2〜3年以内に実現化が可能ではないかということです。

(※1)

テプレノンとは

胃粘膜を保護する作用があります。

胃炎や胃潰瘍に対して保険適応のある薬で、副作用はほとんどなく、処方された実績も多い薬です。

ヒートショックプロテインとは

うつ病に胃薬が効果的!? 脳に関わる新たなタンパク質を発見【最新研究】

ハエの幼虫から発見

ハエの幼虫を普通の飼育環境よりも高温の環境に置くと、染色体の一部が膨らみ、熱によるストレスを打ち消すようなタンパク質、つまりヒートショックプロテインが素早くできることが1974年に発見されました。

このヒートショックプロテインは人間を含め多くの生物に共通して存在し、その構造も似ているため、生物にとって非常に重要なものだと考えられています。

ヒートショックプロテインが増加する条件

熱のショックだけでなく、以下によってもヒートショックプロテインが増加します。

・圧力

・薬品

・紫外線

・栄養不足

・酸素不足

・細菌感染

・炎症

・心理的ストレス

ヒートショックプロテインの役割

タンパク質を折りたたむのを助けるヒートショックプロテインは細胞の中でタンパク質を正しい形に折りたたむのを助け、できそこないのタンパク質を捨てる役割をしています。

また、タンパク質を細胞内で必要な位置に移動させるのにも役立っています。

温泉や入浴で体を温めることで得られる健康効果の理由の一つは、このヒートショックプロテインが増えることによって起こるのではないかとも考えられています。病気との関係が盛んに研究されている分野です。

胃薬は他の病気にも効く?

うつ病に胃薬が効果的!? 脳に関わる新たなタンパク質を発見【最新研究】

ドライアイの治療薬

胃薬が他の病気に応用された例として、ドライアイ治療薬のレバミピド(商品名:ムコスタ)があります。

■ レバミピドとは

レバミピドは胃粘膜を保護する粘液の分泌を促すことで胃炎や胃潰瘍を治療する薬です。

1 2次のページ
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy