体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「ビーチへ逃げろ!」台湾篇

「ビーチへ逃げろ!」台湾篇

台湾へ行ってきた。

台湾といえば、グルメと足つぼマッサージ。日本からの観光客も増えてブームとなっている。でも、そのほとんどは2〜4泊ほどのツアーなので、台北がベース。僕も、前回はこのパターンだった。

今回、旅の1番の目的としたのは、ビーチ。もう何年前にもなるが、旅人の1人から、台湾の最南端に美しいビーチが存在することを聞いた。地名は、墾丁(ケンティン)。何でも「台湾のハワイ」と呼ばれているビーチリゾートらしい。その時にした会話はずっと僕の中に残っていて、確かめに行きたいという気持ちはピークへ達しつつあった。

思えば、海外への旅も1年3ヶ月ぶり。こんなに旅から遠ざかったのは初めてのことかもしれない。久しぶりに大好きなビーチを訪れるのもいいだろう。いや、訪れるのではなく、逃げるのだ。

日常のすべてを忘れて、自分自身を極限まで解放したい。忙しすぎる都市生活から抜け出して心の赴くままにひと時を過ごしたい。とにかく、何もかもから自由になりたいのだ。僕は、そんな時に無性にビーチへ逃げたくなる。

言い換えるならば、1人になって、あるがままに、自分自身と向き合いたくなるのだ。往々にして、男には、そういう時間が不可欠なのだと想う。「ビーチへ逃げろ!」という響きには、そういった意味合いが込めてられているのだ。

エアーチケットを手に入れた瞬間から、出発日が近づくごとに「ビーチへ逃げろ!」という声は僕の中で徐々に大きくなっていった。「ビーチへ逃げろ!」台湾篇「ビーチへ逃げろ!」台湾篇「ビーチへ逃げろ!」台湾篇「ビーチへ逃げろ!」台湾篇「ビーチへ逃げろ!」台湾篇

LCCの「Peach」の早朝便で羽田空港から台北松山空港へ。墾丁は、台湾南部にある高雄(カオシュン)の方がアクセスがいいのだが、LCCなので台北から向かうことに。でも、一度は台湾新幹線に乗ってみたかったので、ちょうど良かったのかも知れない。

台北から2時間ちょっとで、終点の左營(ズゥオイン)駅に着いた。時間帯はランチタイム。早朝に羽田でビールを2杯飲んで以来、何も口にしていなかったので、隣接している新光三越に立ち寄ることにした。

それにしても、日本食レストランの多いこと。それらを避けてローカルの台湾人でにぎわう大衆食堂で、魯肉飯(ルーローハン)を注文する。美味い。異国の味は、旅がはじまったことを全身に感じさせてくれた。

腹ごしらえのお茶を買って、バス「墾丁快線」へ飛び乗る。日本はGWだけど、台湾は平日なので車内はガラガラ。こんな時は、1番後ろまで行って1列を独占するに限る。体を横たえると睡眠不足のせいか、うとうと…。寝ようと考えたのは、車内にトイレがなかったせいもあるのだがー。

2時間くらい経っただろうか。何だか眩しい。目を開けるとバスの中に差し込む日差しが強くなっている。体を起こすと、途中で乗り込んできた客が数名いるのに気づいた。僕は、1つ前の席に座っている女の子に「墾丁はまだかな?」と尋ねた。すると、土地勘があるようで「2つ先の停留所よ」とすぐに返事が帰ってきた。

カーテンを開けると真っ青な海が姿を現した。ビーチと平行に走る道から見える水面は、キラキラと光っている。すぐにでも飛び降りたい衝動を抑えて、ようやく停留所へ。バスを降りると、そこは人でにぎわう一本道。きっとメインロードに違いない。荷物は標準サイズのリュックと小さめのショルダーバッグだけなので、ホテルには歩いて向かうことにした。

チェックインを済ませて部屋に着くと15時半過ぎ。自宅から、羽田行きのタクシーに乗ったのが午前3時なので、約12時間ほどかかった計算となる。長時間の移動ではあったが、旅の高揚感のためか、疲労感はそれほど感じなかった。

部屋のバルコニーから見えるのは、風光明媚な海。サンセットを楽しむために向かったのは、目の前にある「シャオワンビーチ」。穏やかな波が寄せるビーチはコンパクトで、小高い丘やビーチハウスによって葉山の一式海岸にある「Blue Moon」を思い出してしまった。「ハワイじゃなかったっけ?」と1人で苦笑いすることにー。「ビーチへ逃げろ!」台湾篇「ビーチへ逃げろ!」台湾篇「ビーチへ逃げろ!」台湾篇「ビーチへ逃げろ!」台湾篇「ビーチへ逃げろ!」台湾篇
1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。