体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ほぼ自動的に「手をかけた風の作品」にしてくれる、動画加工アプリ「Clips」を検証!

若者を中心に「#1秒動画」「#15秒動画」などのハッシュタグをつけてSNSに投稿する人、増えてますよね。タイムラインで動画を見ない日はなくなりました。

確かに、動画撮影してすぐに投稿できちゃうのがSNSの魅力ですが、家族や仲間との思い出動画に簡単にタイトルを入れたり、ひと言ツッコミを入れたりとか、ちょっと変わった方法で残したい! そんなときもあります。

そこで今回は、誰にでも超簡単に動画の編集や加工ができるアプリ「Clips」を紹介します。ド素人でも、エフェクトなどを選んでいくだけで、ほぼ自動的に「手をかけた風の作品」にしてくれます。さて、どんなアプリなのか、動画初心者の筆者がトライしてみます。

Clipsとは?

Clips(クリップス)は、複雑なインターフェースを一切使うことなく複数の動画を組み合わせたビデオクリップを直感的に作成できるAppleの動画編集アプリです。写真やビデオクリップに漫画風のフィルターをつけたり、音声認識技術により自動で、リアルタイムに字幕が入力されたり、アニメーション付きの吹き出しや見出しを簡単に挿入することができます。

Instagram、Facebook、YouTube、などのSNSに直接投稿ができるほか、動画内に映った相手や、頻繁に動画を共有する相手にもアプリ内から直接ビデオクリップを送ることができちゃいます。

左/フィルター画面 右/SNS送信画面

動画サイズはSNSユーザーには嬉しい正方形。動画編集のiOS純正アプリにはこれまで「iMovie」がありましたが、「Clips」はその簡易版でありSNS用に特化した、おもしろ動画編集アプリといえるかもしれません。

面倒な作業はアプリにおまかせ

それでは早速「Clips」の楽しい機能を紹介していきたいと思います! 協力してくれるのは、将来の夢を聞くと「サッカー選手。なれなかったら医者になるよ」と豪語する甥っ子。まぶしいです。

1.動画を撮りながら、リアルタイムで字幕追加

Clipsは動画を録りながら、音声がリアルタイムで字幕として追加されます。もちろん、誤字や修正したい部分は、再生中に文字をタップすればあとから編集可能。テキストの配置、現れ方、カラバリもそれぞれ数パターンから選ぶことができます。

2.エフェクト機能は選ぶだけ

動画そのものにアートなフィルターをかけながら撮影することができます。フィルターは全部で8種類あり、モノクロ、コミック風、インスタント風など、どれをとってもSNS映えしそうなシャレオツさで、再生するのが楽しくなります。

動画は吹き出しや矢印、日付などのスタンプや絵文字でデコレーション。絵文字はiPhoneの絵文字使用履歴から引っ張ってくるようです。

左/フィルター 右/絵文字

3.BGMで雰囲気アップ!

作成した動画にBGMをつけることも可能で、端末のライブラリから追加するマイミュージックと、「Clips」内蔵のサウンドトラックから選べます。ポップ、チル、センチメンタル、レトロなどのテーマに分けられた全40曲以上のミュージックが用意されているので、雰囲気に合わせたBGMを選択してみましょう。

1 2次のページ
TIME & SPACEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy