ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

デビュー35周年の原田知世が明日「MUSIC FAIR」に出演、斎藤工からのアルバム推薦コメント公開

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
デビュー35周年の原田知世が明日「MUSIC FAIR」に出演、斎藤工からのアルバム推薦コメント公開

©Takehiro Goto
1982年のデビュー以来、女優と歌手の両方で活躍を続けている原田知世。デビュー35周年を記念してこれまでの代表曲を新アレンジでセルフ・リメイクしたアルバム「音楽と私」を7月5日にリリースする。発売に先駆け、原田知世は明日6月3日放送のフジテレビ系「MUSIC FAIR」に1年ぶりに出演する。

番組では、5月にリリースした先行シングル「ロマンス」に加え、「音楽と私」に収録される松任谷由実作の「ダンデライオン〜遅咲きのたんぽぽ」をLittle Glee Monsterとの共演で披露している。前回の出演では欅坂46と「時をかける少女」をコラボして大反響となっただけに、今回のコラボにも注目が集まっている。

6月5日にはJ-WAVE 81.3FM「J-WAVE TOKYO MORINIG RADIO」にて、新作のリード・トラックとなる「時をかける少女」のセルフリメイク・ヴァージョンが初オンエアされる。1983年に原田知世が主演した同名映画の主題歌として松任谷由実が提供したこの曲は、原田の代表曲であるばかりでなく、80年代歌謡曲の歴史に燦然と輝く名曲である。今回、プロデューサーの伊藤ゴローによる新アレンジでどのように生まれ変わっているのか期待が高まる。

そして、いち早くアルバムを聴いた俳優・映画監督の斎藤工からのコメントが公開された。原田知世と斎藤工は2016年NHKドラマ10「運命に、似た恋」で初共演。そして齊藤工名義で主宰している移動映画館“cinéma bird”プロジェクトの第5弾となるイベント「cinema bird(移動映画館)in 熊本 2017」が6月25日に熊本県・八千代座で開催されるが、そこでは原田知世・大泉洋主演の映画『しあわせのパン』が上映され、原田本人もゲスト出演する。

斎藤工(俳優・映画監督)コメント
知世さんの楽曲が流れると、いつもの景色に光が差し、その空間が清らかに暖かく包まれる。
知世さんは人の心を優しく丁寧に洗ってくれる“魔法使い”なのではないかと、わりと本気で思っている。

リリース情報

シングル「ロマンス」
2017年5月10日発売
UCCJ-5005 1,296円(税込)

7インチ・アナログ「ロマンス」
2017年6月14日発売
UCKJ-9002 1,620円(税込)
初回プレス完全限定生産

関連リンク

原田知世公式サイトhttp://haradatomoyo.com/
ユニバーサルミュージック 原田知世サイトhttp://universal-music.co.jp/harada-tomoyo/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。