ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

疲れたら歩いてもいい?「やせる走り方」を伝授

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

疲れたら歩いてもいい?「やせる走り方」を伝授
J-WAVEで放送中の番組「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」(ナビゲーター:別所哲也)のワンコーナー「SUNSTAR PLEASURE PICK UP!」。6月の木曜日は5週間に渡って、青山学院大学駅伝チームのトレーナーだったことでも知られる、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんに「やせやすい走り方」をテーマにお話を伺います。

6月1日(木)のオンエアでは、“走る”ということから教えてもらいました。

中野さんは「まず、最初から走ろうと思うからいけないんです。最終的に『走る』を目指したウォーキングから入っていけば、ちゃんと走れるようになります」と言います。ただし、ダラダラ歩くだけではNGとのこと。消費カロリー、下半身の筋肉量を増やすために、キビキビとしたウォーキングから始めるのがいいそうです。“息が弾むくらいの強度設定で、大きく足を踏み出し、大きく手を振ってキビキビと歩く”のがポイントだそう。

「普段から階段を使うようにすると脚力がついてくるので、キビキビとしたウォーキングができるようになります。運動を全くしたことがない、したくないという人に『2ヶ月間階段だけを使ってください』というと、ほとんどの人が2ヶ月で下半身の筋肉量が増えます。階段はいいトレーニングになるんです。」(中野さん、以下同)

中野さんは「走っていて疲れたら、歩いてもいいと思います」と続けます。実は“疲れたら歩いて、余裕がでてきたらまた走る”という、「歩き」と「走り」を繰り返す「インターバルウォーキング」と、「ずっと走っている」のとでは、消費カロリーはさほど変わらないそう!

また、見た目に変化が起こるまでには、2ヶ月から3ヶ月かかるそうですが、心肺機能の変化は比較的早く感じられ、だいたい2週間くらい経つと、体力の向上を感じられるとのこと。これから走ってみたいという人は、とりあえずはキビキビとしたウォーキングを、2週間はじめてみるのも良いかもしれませんね。

次週も引き続き、中野さんのお話を伺います。ぜひチェックしてくださいね♪

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聞き直せます。

【番組情報】
番組名:「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」
放送日時:月・火・水・木曜 6時−9時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/tmr/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。