ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

普及が進むビットコイン-その特徴とメリット、デメリット

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
普及が進むビットコイン-その特徴とメリット、デメリット

航空券もビットコインで購入可能に

先日、格安航空会社(LCC)のピーチ・アビエーションは国内航空会社で初めてビットコインで航空券などの購入ができるようにすることを発表しました。
また、家電量販店のビックカメラでは4月から一部店舗でビットコイン利用を開始する等、国内でビットコインを利用できる店舗は4千店以上あり、増加傾向にあります。
以前、大量のビットコインが消失した「マウントゴックス事件」によりビットコイン取引所等の信頼性に問題がありましたが、この4月から施行された改正資金決済法によって利用者を保護する環境が整備されたことから、ビットコインの利用が拡大しつつあります。

ビットコインとは

日常使用される円やドルなどの「法定通貨」は一般に各国の中央銀行が発行し、紙幣や貨幣など物理的に認識できます。
一方、ビットコインはインターネット上の電子的な通貨である「仮想通貨」であり、手に取って見ることはできません。
このように説明するとSuicaやEdyなどの「電子マネー」がイメージされるのですが、「仮想通貨」と「電子マネー」は似て非なるものです。
「電子マネー」は紙幣や硬貨を使わずに決済を行えますが、あくまでも円やドルなどの代替手段です。

一方、ビットコインは「通貨」の一つであり、手持ちの円などを両替して入手します。
「仮想通貨」であるビットコインは特定の国家や中央銀行に依存しません。
また、貨幣価値としての信頼性はブロックチェーンなどのテクノロジーによって担保されています。

ビットコインのメリット

それでは、ビットコインを使用することでどの様なメリットがあるのでしょうか。

1.海外でも「直接」送金が可能
一般的な通貨で送金を行う際には銀行などを仲介する上、日々変動する為替レートを考慮しなければなりません。
しかし、ビットコインを使えば直接支払先に送金できます。

2.送金手数料が格安
送金時に仲介する組織が存在しないため、送金の手数料は格安になります。
また、週末・祝日・時間に関係なくいつでも送金可能です。

3.面倒な手続きや制限が存在しない
ビットコインでの決済は金融機関を経由しないため煩雑な手続きや制限がなく、お金の流通がより自由に行うことができます。

ビットコインのデメリット

一方で、以下の様なデメリットも存在します。

1.利用可能な店舗が少ない
ビットコインの利用店舗が増えてきたとはいえ、全体から見ればほんのわずかです。
様々なモノやサービスと交換できるという通貨の役割としては限定的なのが実状です。

2.相場の変動が激しい
ビットコインにも円やドルなどと同様に交換レートが存在しますが、現時点では投機的側面が強く、暴騰暴落を繰り返しており、価格の変動が激しい状況です。

3.犯罪等に利用される可能性
ビットコインを管理するウォレットは銀行口座と異なり個人情報と紐づきません。
そのためプライバシーが確保されると言われていますが、裏を返せば匿名性が強く、犯罪組織がマネーロンダリング等に利用することも多いようです。
また、先日話題となったWannaCryなどのランサムウェアの身代金としてビットコインが利用されることも、この匿名性に由来します。

ビットコインの将来性

現在、ビットコインは貨幣というよりも、投資(投機)商品としての性格が強く、また、上記の通りランサムウェアやマウントゴックス事件に関連するなど、マイナスイメージが先行しています。
しかし、ビットコインを支える技術はFinTechと呼ばれる金融システムの変革に大きな役割を果たします。
安全性と利便性を確保し、上記のメリットを活かして既存貨幣との棲み分けを行うことで、利用が拡大することが期待されます。

(金子 清隆/ITコンサルタント セキュリティコンサルタント)

関連記事リンク(外部サイト)

マイナス金利が私たちの生活にもたらすメリット、デメリット
ポスト・レーシック?ICL手術のメリット・デメリット
わが家の床下にカビ、基礎断熱工法のメリット・デメリット

カテゴリー : 政治・経済・社会 タグ :
JIJICOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。