ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

壁にかけられる花瓶だっていいじゃないか。

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
壁にかけられる花瓶だっていいじゃないか。

殺風景になりがちな部屋の壁には、「掛けられる花瓶」が正解かもしれません。

テーブルや玄関に置かれることが多い花瓶。花のある生活が心を穏やかにしてくれるのは言わずもがな。でも少し場所を取ってしまうのも事実。

ミニマムなデザインの花瓶に生けられた花は、今までとは違う表情を見せてくれます。壁にかけられる花瓶だっていいじゃないか。壁にかけられる花瓶だっていいじゃないか。壁にかけられる花瓶だっていいじゃないか。壁にかけられる花瓶だっていいじゃないか。壁にかけられる花瓶だっていいじゃないか。壁にかけられる花瓶だっていいじゃないか。

キッカケは友人の習慣から

この花瓶「Mary’s Vase」を作ったのは、デザイナーのSo Jung Leeさん。キッカケは友人のMaryさんが毎日小さな花瓶に花を生け、写真と共に一言添えるという習慣があったこと。そこからインスピレーションを受け、彼女のために花瓶を作れないかと思い、制作を始めたそう。

議論を重ねるうちに、フレームを作るという考え方を採用。あえて円の中に”空白”を作ることで、思わずお花を生けたくなるようにデザインされています。

So Jung Leeさんはこの花瓶を通して「毎日花を生けることで季節の移り変わり、さまざまな循環などを感じ、そして感謝して欲しい」と語っています。

日本からも買える

素材は無垢材を使い、大きさは約30cm x 約23cm。木の種類はブナ、ホワイトオーク、サクラ、ウォールナットの4種。日本への発送も可能で、値段は160ドル(約17,700円)。カスタムオーダーも受けつけています。

花のある生活を、壁から始めてみてはどうでしょうか?Licensed material used with permission by Gregory Walker and So Jung Lee

関連記事リンク(外部サイト)

宙に花を生ける!? 窓に貼る花瓶「Kaki」がカワイイ
【未来のインテリア】スピルリナが増殖する照明器具がスゴい!
これはまさに、「本の虫」のためのインテリアだ。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。